コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェンティーレ ジェンティーレ Gentile, Giovanni

5件 の用語解説(ジェンティーレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェンティーレ
ジェンティーレ
Gentile, Giovanni

[生]1875.5.30. カステルベトラーノ
[没]1944.4.15. フィレンツェ
イタリアの哲学者,政治家。 1917年ローマ大学哲学史教授。一元論観念論を説く。 1903~22年クローチェとともに哲学雑誌『クリティカ』 La Criticaの編集にあたったが,ファシズムに傾斜し,1925年クローチェと絶縁した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジェンティーレ

イタリアの哲学者,政治家。はじめクローチェと親交があったが,のちファシズムの理論家となり対立。1922年―1924年にはファシスト政府の文相を務め,《イタリアーナ百科事典》の編集責任者も務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジェンティーレ【Giovanni Gentile】

1875‐1944
イタリアの哲学者。観念論哲学を展開してクローチェとともに20世紀前半のイタリア思想界を代表した。クローチェは精神の活動を理論的行為と実践的行為に区分したが,ジェンティーレは理論と実践という二元論を否定し,精神の活動は現実に思惟する行為そのものであり,行為のなかに精神の現実態があると主張した。彼の行為主義的観念論は政治における直接行動主義を触発し,また国家の活動のなかに倫理的価値の具体化をみる倫理国家論はファシズムとの接近をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ジェンティーレ【Giovanni Gentile】

1875~1944) イタリアの哲学者。ヘーゲル弁証法を起点に行動主義を提唱し、クローチェと対立した。ファシズム政権の教育相として教育改革を実行、「イタリア大百科事典」全三五巻を編纂。パルチザンにより処刑される。主著「ヘーゲル弁証法の変革」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェンティーレ
じぇんてぃーれ
Giovanni Gentile
(1875―1944)

イタリアの哲学者。シチリアのカステルベトラーノに生まれる。ピサの高等師範学校ヘーゲル哲学を学び、パレルモ、ピサ、ローマなどの大学で教える。クローチェと協力して約20年間『批評(クリティカ)』誌を発行、膨大な『イタリア百科全書』の発行責任者を務めた。1922年から1924年にかけてファシスト政府の文部大臣となり、いわゆるジェンティーレ改革を提案する。ファシズムの思想的指導者として影響力をもったが、ファシズム失墜後、ドイツ占領軍が樹立した傀儡(かいらい)政権に忠誠を誓ったため、裏切り者としてフィレンツェで殺害された。
 クローチェとともにイタリア観念論の代表者であり、ヘーゲルの弁証法を「思惟(しい)されたもの」の弁証法として批判し、「思惟するもの」すなわち思惟の活動的な主観の発展、生成としての弁証法しかないと考える。超越的主観たるこの「アット・プーロ」(純粋活動)を中心とした「活動主義」は、主著ともいうべき『純粋活動としての精神の一般的理論』(1916)のなかで展開されている。歴史を思惟する活動の発展としてとらえ、その思弁的体系としての側面を重視し、哲学と哲学史を同一視するため、哲学史に関する著述も多く、それらは『イタリア哲学史』(1936)に収められている。教育学においては、自己形成に教育の重点を置くことによって、単なる技術主義を克服すると説く。[大谷啓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジェンティーレの言及

【ファシズム】より

…ちなみに,クローチェは1924年までは,ファシズムを秩序回復の政治力とみなして,ファシズムに支持を与えていた。 第3は,イタリア史の展開のなかでファシズムの出現を歓迎する解釈で,哲学者のジェンティーレや歴史家のボルペGioacchino Volpeによって主張された。この立場は,国家の形成と国民の組織化という点でリソルジメントは未完にとどまったとし,その未完のリソルジメントを継承し完成させる運動としてファシズムに積極的な支持を与えた。…

※「ジェンティーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジェンティーレの関連キーワードカント学派ケアード実践哲学スパベンタ絶対的観念論カタリナ客観的観念論トマスアクィナス理論哲学三浦つとむ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジェンティーレの関連情報