コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジグモ(地蜘蛛) ジグモAtypus karschi

世界大百科事典 第2版の解説

ジグモ【ジグモ(地蜘蛛) Atypus karschi】

ジグモ科のクモ(イラスト)。地中と地上に細長い袋状の住居巣をつくり,地上に出ている部分を樹木や石壁につける。この部分がたいせつな餌をとらえる場所で,ハエやガなどが知らずにここにとまると,袋の中から長い大きなきばでぱくりとくわえ袋の中に引きずり込んで食べてしまう。この袋状の住居巣の長さは15~18cmがふつうだが,20cmを超える長いものもある。英語ではこの科のクモを袋巣のかっこうから,purse‐web spiderと呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android