コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジシギ ジシギ snipes

2件 の用語解説(ジシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジシギ
ジシギ
snipes

チドリ目シギ科のタシギGallinago およびコシギ属 Lymnocryptes の鳥の総称。この仲間は一般に形態,羽色,習性が互いによく似ている。日本で繁殖するのはオオジシギだけであるが,アオシギコシギ L. minimusタシギチュウジシギハリオシギ G. stenura が旅鳥または冬鳥(→渡り鳥)として日本に渡来し,草原,湿地,水田などに生息する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジシギ
じしぎ / 地鷸
snipe

鳥綱チドリ目シギ科に属するオオジシギGallinago hardwickiiとチュウジシギG. megalaの総称。さらに広義には、同じタシギ属のタシギG. gallinago、ハリオシギG. stenura、アオシギG. solitaria、および別属のコシギLymnocryptes minimusを含める場合もある。いずれもよく似た種で、嘴(くちばし)はまっすぐで長く、頭部と体の上面には黒とクリーム色の縦線があり、目は大きくて頭の上のほうについている。オオジシギは日本で繁殖するが、ほかの種は旅鳥や冬鳥として渡来するだけである。水田や湿地、川岸などに潜み、敵が近づくとしゃがれた声を発して飛び立つ。長い嘴を土中に垂直に入れて、ミミズや昆虫を食べる。繁殖期には縄張りの上空を飛び回り、ディスプレーの際、尾羽を振動させて大きな音を発し急降下する。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジシギの関連キーワード草鷸背高鷸田鷸杓鴫玉鷸鰭足鷸シギ(鷸∥鴫)セイタカシギ(丈高鷸)タシギ(田鷸)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジシギの関連情報