コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジシバリ

百科事典マイペディアの解説

ジシバリ

キク科の多年草オオジシバリイワニガナをいう。前者は日本全土,東アジアの暖〜温帯の山野,路傍にはえる。茎は長く地上をはい,葉は倒披針形で,ときに下部が羽状に切れこむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジシバリ【Ixeris stolonifera A.Gray】

人里の路傍や畑地,山間の崩壊地などの裸地に好んで生えるキク科の多年草(イラスト)。イワニガナともいう。日本全土に分布し,朝鮮および中国中部にも産する。ロゼットで越冬し,春に葉腋(ようえき)から細く長い走出枝を地表に伸ばし,栄養繁殖する。走出枝の節々に新しい株が形成され,発根するようすからジシバリ(地縛)とよばれる。学名は〈走出枝をもつニガナ〉の意味。葉は薄く,卵円形で粉白をおびる。葉や茎を切ると乳液が出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジシバリ
じしばり / 地縛
[学]Ixeris stolonifera A. Gray

キク科の多年草。イワニガナともいう。ロゼットで越冬し、春に細く長い走出枝を地表に伸ばして繁殖する。走出枝の節ごとに発根するようすから名がついた。葉は卵円形で薄く、切ると乳液が出る。4~6月、短い花茎に黄色で径約2センチメートルの頭花をつける。小花は舌状花のみからなる。道端や畑地などに普通に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国に分布する。近縁種のオオジシバリI. debilis A. Grayは畔(あぜ)に多く生える。葉は楕円(だえん)形で下部に切れ込みがあり、頭花はやや大きい。[森田龍義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジシバリの言及

【メヒシバ】より

…畑地,荒地,路傍,野原などいたる所に普通にみられるイネ科の一年草(イラスト)。ジシバリともいう。茎は根本から数本に分かれて地上をはって広がり,上部は枝分れしながら立ち上がり,高さは約30~80cm。…

※「ジシバリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジシバリの関連情報