ジャック

精選版 日本国語大辞典「ジャック」の解説

ジャック

〘名〙 (jack)
① トランプの絵札の一つ。一〇の上位で、クイーンの下位の札。若者の絵が描かれており、キングとクイーンに対し、廷臣または兵士などを表わすとされる。
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉三「骨牌を握むや否、覘も定めず発矢と投付けると、〈略〉ジャック奴は天井に飛上り」
② 電気器具のさしこみ。〔電気工学ポケットブック(1928)〕
③ ⇒ジャッキ
④ (本来はイギリスの最も普遍的な男性の名前ジョンの愛称から) 若者。転じて、英国の水兵

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ジャック」の解説

ジャック(jack)

トランプの絵札の一。廷臣または兵士を表すもの。
電気を接続するための差し込み口。「ヘッドホンジャック
ローンボウルスボッチャで、標的となる白い球。各回ごとに敵と味方が交互に投げる。ジャックボール
ジャッキ

ジャック(jack)

[名](スル)
《hijackから》乗り物などを乗っ取ること。または、ある場所を占拠すること。「バスジャック
広告などで一面を埋め尽くすこと。「トレーンジャック」「メディアジャック
[補説]日本語での用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ジャック」の解説

ジャック【jack】

電気通信装置において回路の接続に用いる差込式接続部品のうち,差し込まれるほうをジャック,差し込むほうをプラグplugという。プラグを差し込むことにより,ジャック内部の板ばねに接触させて回路を閉じる。ふつう,ばねには洋銀,スリーブ受口(穴の壁面)には黄銅が用いられる。プラグの挿入によって電気接点を動かすものや,さらに単純な構造のものもある。【谷井 琢也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android