コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャムシェドプル Jamshedpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャムシェドプル
Jamshedpur

インド北東部,ジャルカンド州南東部の重工業都市。コルカタ (カルカッタ) の西約 250km,チョタナーグプル高原の南東端に位置。 1907年実業家ジャムシェド・タタ (→タタ財閥 ) が鉄鋼工場の建設に着手するまでは荒地であった。工場は 1911年に完成し,第1次世界大戦を契機に飛躍的に発展。製鋼業のほか車両,機械,農機具などの製造も盛ん。近代的工場施設と都市計画に基づく市街をもつインドの代表的工業都市。タタナガルとも呼ばれる。人口 57万 349 (2001) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャムシェドプル

インド東部,ビハール州南端,スバルナレカ川とその支流の合流点に位置する工業都市。鉄鋼,機械,車両などの工業が行われる。もとサクチと呼ぶ寒村であったが,1907年ターター財閥の祖ジャムシェトジ・ターターが鉄鋼会社を創立後,急速に発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャムシェドプル【Jamshedpur】

インド北東部,ビハール州南東端の工業都市。人口46万1000(1991),大都市域人口82万9000(1991)。ターター財閥が1907年にここにインド最初の製鉄所を建設し,財閥の創始者ジャムシェドジ・ターターにちなんで命名した。20年代から蒸気機関車,車両,鋼管・鋼板,農業機械,被覆電線などの諸工場が主として同財閥によって建設され,重工業都市に成長した。市全体がターター鉄鋼会社の私有地で,同社の市政局が市政を担当している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャムシェドプル
じゃむしぇどぷる
Jamshedpur

インド東部、ビハール州南東端のチョタ・ナーグプル高原にある重工業都市。人口57万0349、周辺部を含む人口110万1804(2001)。1907年サクチとよばれたこの地に、タタ財閥の創主ジャムシェドジー・ヌッセルワンジー・タタが、民族資本ではインドで初めての近代的製鉄業を創業した。今日では、電気機関車、金属製品、自動車、工業用酸素など東インド有数の重化学工業都市で、タタ財閥の工業生産拠点として発達が著しい。[中山修一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジャムシェドプルの言及

【チョタ・ナーグプル】より

…イギリス領時代になって踏査が進み,南部では鉄,銅,金,凍石,中部では石炭,ボーキサイト,北部では雲母,重晶石,マンガンなどの埋蔵が知られ,19世紀末からの鉄道開通につれ開発された。20世紀にはいるとジャムシェドプル,ダーンバードなどの都市が成立し,一挙にインドを代表する鉱工業地帯となった。これにつれて平原からの人口流入が進み,部族人口の比率は低下した。…

※「ジャムシェドプル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャムシェドプルの関連キーワードジャムシェドプールサンタール族タタ鉄鋼中山修一

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android