コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャムシェドプル ジャムシェドプル Jamshedpur

4件 の用語解説(ジャムシェドプルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャムシェドプル
ジャムシェドプル
Jamshedpur

インド北東部,ジャルカンド州南東部の重工業都市コルカタ (カルカッタ) の西約 250km,チョタナーグプル高原の南東端に位置。 1907年実業家ジャムシェド・タタ (→タタ財閥 ) が鉄鋼工場の建設に着手するまでは荒地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジャムシェドプル

インド東部,ビハール州南端,スバルナレカ川とその支流の合流点に位置する工業都市。鉄鋼,機械,車両などの工業が行われる。もとサクチと呼ぶ寒村であったが,1907年ターター財閥の祖ジャムシェトジ・ターターが鉄鋼会社を創立後,急速に発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジャムシェドプル【Jamshedpur】

インド北東部,ビハール州南東端の工業都市。人口46万1000(1991),大都市域人口82万9000(1991)。ターター財閥が1907年にここにインド最初の製鉄所を建設し,財閥の創始者ジャムシェドジ・ターターにちなんで命名した。20年代から蒸気機関車,車両,鋼管・鋼板,農業機械,被覆電線などの諸工場が主として同財閥によって建設され,重工業都市に成長した。市全体がターター鉄鋼会社の私有地で,同社の市政局が市政を担当している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャムシェドプル
じゃむしぇどぷる
Jamshedpur

インド東部、ビハール州南東端のチョタ・ナーグプル高原にある重工業都市。人口57万0349、周辺部を含む人口110万1804(2001)。1907年サクチとよばれたこの地に、タタ財閥の創主ジャムシェドジー・ヌッセルワンジー・タタが、民族資本ではインドで初めての近代的製鉄業を創業した。今日では、電気機関車、金属製品、自動車、工業用酸素など東インド有数の重化学工業都市で、タタ財閥の工業生産拠点として発達が著しい。[中山修一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジャムシェドプルの言及

【チョタ・ナーグプル】より

…イギリス領時代になって踏査が進み,南部では鉄,銅,金,凍石,中部では石炭,ボーキサイト,北部では雲母,重晶石,マンガンなどの埋蔵が知られ,19世紀末からの鉄道開通につれ開発された。20世紀にはいるとジャムシェドプル,ダーンバードなどの都市が成立し,一挙にインドを代表する鉱工業地帯となった。これにつれて平原からの人口流入が進み,部族人口の比率は低下した。…

※「ジャムシェドプル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャムシェドプルの関連キーワードターナダーンバードノーサンバーランドラーンチーコルカタジャムシェドプールビハール仏陀伽耶ジャールカンドドゥルガプル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone