ジャージー・シティ(読み)じゃーじーしてぃ(英語表記)Jersey City

日本大百科全書(ニッポニカ)「ジャージー・シティ」の解説

ジャージー・シティ
じゃーじーしてぃ
Jersey City

アメリカ合衆国、ニュー・ジャージー州北東部、ハドソン川とニューヨーク湾に面する都市。人口24万0055(2000)。ニューヨーク市と隣接するため、工業および港湾機能はニューヨーク市の一部として重要な役割を担っており、同市からニューヨーク市への通勤者も多い。交通の要衝で、六大鉄道、バスなどのターミナルとして活気を呈し、600以上もの製造工場が集中する工業都市でもある。製油業のほか、缶詰食品、チーズ類、医薬品、化粧品、電気製品など多くの種類の製品がつくりだされる。1630年ごろオランダ人が先住民から土地を買収して町を創設し、64年にイギリス領となり、1779年より合衆国の統治下に入った。地理的条件に恵まれたため早くから商業が発達、工業発展は鉄道の開通した1840年代以降のことである。反奴隷制協同地下組織の基地としても活躍した。セント・ピーターズ大学、州立教育大学の所在地でもある。

[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ジャージー・シティ」の解説

ジャージー・シティ

米国ニュージャージー州の商工業都市。ハドソン川西岸の港湾都市で,東岸のニューヨーク市とホランド・トンネルで結ばれ,同市への通勤者が多い。食品加工鉄鋼タバコ化学工業が発達。鉄道の要地。17世紀初めオランダ人が創設。24万7597人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報