ジャービル・ビン・ハイヤーン(読み)じゃーびるびんはいやーん(英語表記)Jābir ibn Hayyān

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャービル・ビン・ハイヤーン
じゃーびるびんはいやーん
Jbir ibn Hayyn
(721/722―?)

8世紀後半のアラビアの錬金術師。人名表記中の「ibn」は「bin」としている資料も多い。薬種商の子。クーファで活躍し、ハールーン・アッラシードの宮廷に仕えたと伝えられるが、実在の人物かどうか疑わしい。少なくとも、ジャービルの著作とされる大量の錬金術文書が、イスラム教シーア派の一派イスマーイール派の宗教結社によって10世紀に編纂(へんさん)されたものであることは明らかである。この文書の錬金術理論はアリストテレスの四元素説を基礎とし、金属の「硫黄(いおう)・水銀」説、惑星の影響による地下の金属の生成、不完全な金属を治療する錬金薬「エリキサ」、諸「性質」の数秘術的平衡などの概念に言及している。
 このような理論によって金属変成を可能とする一方、ジャービル文書は実地の化学知識にも詳しく、鉱物の分類、蒸留や昇華による硝酸・酢酸・アルカリ・ろ砂(塩化アンモニウム)などの製法を明快に述べ、金属の精錬、染色、ワニスによる防水防食、ガラス製造などの技術についても記述している。
 中世ヨーロッパの代表的な錬金術書『金属貴化秘術全書』Summa perfectionis magisteriiなどの著者とされるゲーベル(ジェーバー)Geberはジャービルの名をかたっているが、これらのラテン語の書物はアラビアの文書の翻訳ではなく、おそらく14世紀初めのスペイン人の手になるものである。ここでは金属変成が真実である根拠が論証され、化学装置や鉱酸の製法、灰吹(はいふき)法による試金などが明確に述べられている。ゲーベル文書には神秘主義や象徴主義の影は薄いが、むしろそれゆえに、以後の錬金術書のよりどころとなったといえよう。[内田正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android