コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュスティ ジュスティ Giusti, Giuseppe

3件 の用語解説(ジュスティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュスティ
ジュスティ
Giusti, Giuseppe

[生]1809.5.13. モンスンマノ
[没]1850.3.31. フィレンツェ
イタリアの詩人。ピサ大学で法学を修め,トスカナ立法院議員をつとめた。オーストリアの圧政への批判と方言の使用に特色がある。抒情詩も多い。風刺詩『聖アンブロージオ』 Sant'Ambrogio (1846頃) のほか,『書簡集』 Epistolario (1904刊) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジュスティ【Giuseppe Giusti】

1809‐50
イタリアの詩人。トスカナ地方の裕福な家庭に生まれ,ピサ大学法学部を卒業して弁護士となるが,詩作を好み,生来の鋭い観察眼と豊かな機知とを駆使しながら,政治や社会を風刺した作品を数多く書いた。いわゆるリソルジメント前期とロマン主義のクリマに属する詩人で,一方でA.マンゾーニらとの交流を重ね,他方でトスカナ州立法議会の議員を務めながら,1848‐49年の第1次イタリア独立戦争の際には民兵の指揮官として参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュスティ
じゅすてぃ
Giuseppe Giusti
(1809―1850)

イタリアの詩人。トスカナ地方の富裕な家庭に生まれる。ピサ大学法学部を卒業後、弁護士となるが、詩作を好み、政治や社会を風刺する作品を数多く残した。いわゆるリソルジメントイタリア統一運動)前期とロマン主義の時代に属する詩人で、1848~49年の第一次イタリア独立戦争に民兵の指揮官として参加し、他方でA・マンゾーニらとの交流を重ねた。ミラノ方言による風刺詩で名高いC・ポルタをつねに意識して、トスカナ方言を縦横に駆使しながら作品を書き綴(つづ)っている。代表作は『詩集』(1844)、『新詩篇(しへん)』(1847)、『トスカナ格言集』(1853、没後刊)など。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュスティの関連キーワードパラッツェスキプラーガイタリアンプロペルティウス裕福タスカン帽ミエマイトソフィオニグエラッツィリカーソリ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュスティの関連情報