コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュッジ国立鳥類保護区 ジュッジコクリツチョウルイホゴク

2件 の用語解説(ジュッジ国立鳥類保護区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジュッジ‐こくりつちょうるいほごく〔‐コクリツテウルイホゴク〕【ジュッジ国立鳥類保護区】

Parc national des oiseaux du Djoudjセネガルの北西部にある鳥類保護区。サンルイの北約60キロメートルに位置する。セネガル川河口の三角州に広がる湿地で、ヨーロッパ東アフリカから、オオフラミンゴモモイロペリカンなど300万羽もの渡り鳥が飛来し越冬する。1977年、ラムサール条約に登録。1981年、世界遺産自然遺産)に登録。外来種の水草が繁殖し生態系への悪影響が懸念されており、たびたび危機遺産リストに登録されている。ジュッジ鳥類国立公園

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ジュッジこくりつちょうるいほごく【ジュッジ国立鳥類保護区】

1981年に登録された世界遺産(自然遺産)。セネガル北西部の都市サン・ルイの北約60kmに位置する、世界第3位の規模を持つ鳥類保護区で国立公園である。1971年に鳥類保護区として指定され、1975年に、そのエリアが拡張され、1980年にはラムサール条約登録地となった。セネガル川河口のデルタ地帯に設けられたこの公園の緑地帯には、フラミンゴペリカンガンビアガン、サギなど350種を超える渡り鳥300万羽が越冬のために飛来する。また、オオトカゲニシキヘビなどの爬虫類、ウシ、パタスモンキーイボイノシシハイエナ、サーバル、ドーカスガゼルなどの哺乳類も生息している。2000年には危機遺産リストに登録されたが、水草植物の繁殖の脅威を根絶したとして、2006年に危機遺産リストから削除された経緯がある。しかし、1986年のセネガル川のディアマ・ダムの稼働開始後、農業排水による水質汚染や、養分の減少などの自然環境の悪化が急速に進行し、生態系に深刻な影響を与え始めている。また、砂漠化の進行も大きな懸念材料になっている。◇英名はDjoudj National Bird Sanctuary。ジュッジ鳥類国立公園ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュッジ国立鳥類保護区の関連キーワードキナバル山サンペドロスルツエイヘンダーソン島コモド国立公園世界自然遺産複合遺産自然遺産ソコトラ諸島世界遺産登録

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone