コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュニアス・レターズ ジュニアス・レターズ Letters of Junius

2件 の用語解説(ジュニアス・レターズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュニアス・レターズ
ジュニアス・レターズ
Letters of Junius

18世紀のロンドンの新聞紙上をにぎわした筆者不明の投書で,政治的論争文の傑作。 1769年1月 21日から 72年1月 21日にかけて,『パブリック・アドバタイザー』紙 (印刷発行者 H.ウッドフォール ) にジュニアスという筆名で 63通の投書が掲載された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュニアス・レターズ
じゅにあすれたーず
Letters of Junius

イギリス史上有名な匿名の新聞投書。ロンドンの新聞『パブリック・アドバタイザー』The Public Advertiserに1769年1月21日付けから72年1月21日付けまでの3年間、ジュニアスの筆名で掲載された、合計69通の投書。同一人と思われるルシアスLucius、ブルータスBrutus名の投書もあるが、ジュニアスの投書は政治問題を扱っていたのが特徴。彼の名をとくに高めたのは、国王ジョージ3世を批判した69年12月19日掲載の投書である。誹毀(ひき)罪に問われたが、発行者ヘンリー・ウッドフォールは、ジュニアスがだれであるかを法廷でも明かさず、ジュニアスは「有名なる無名子」となった。彼が何者かはその後も謎(なぞ)で、彼に擬せられた人は19世紀末までに約40人に上ったとされているほどであるが、今日では、投書の現物の筆跡や文体から、後にリベラル派の政治家として活躍したフランシス卿(きょう)Sir Philip Francis(1740―1818)だと推定する説が確度が高いとされている。[内川芳美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュニアス・レターズの関連キーワード紙上賑わしい賑わわすロンドンアイロンドン大火記念塔ロンドンブーツ春のロンドロンドン・シンフォニエッタどんどん どんどん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone