ジュート人(読み)ジュートじん(英語表記)Jutes

  • ジュート人 Jutes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユート人とも呼ばれる。ゲルマン民族のなかの西ゲルマンに属し,アングロ・サクソンを構成する部族。原住地はユトラント (ユラン) 半島といわれ (ライン川中流域となす説もある) ,5世紀なかば以来アングル人サクソン人とともにブリタニアに移住,ケント王国を建設,一部はワイト島およびその対岸に定着した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

インド・ヨーロッパ語族のうち西ゲルマンに属する部族,現住地はデンマークユトランド半島北部。5,6世紀の民族大移動によってグレート・ブリテン島の南東部にケント王国を建て,またワイト島にも定着した。アングル人,サクソン人とともにアングロ・サクソン人の構成要素となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インド・ヨーロッパ語族のうちの西ゲルマンに属する一部族。ユート人ともいう。原住地はユトランド半島であったが,民族大移動期の5,6世紀にグレート・ブリテン島の南東部に渡来してケント王国を建て,一部はさらにワイト島やその対岸地方にも移動定着した。同じ時期にグレート・ブリテン島に移ったアングル人,サクソン人などとともにアングロ・サクソン人を構成するが,ジュート人の定着したケント地方は,古くはフランク人の影響と思われる精巧な工芸手法や,また中世においては男子均分相続などにみられる相続慣行,その他土地制度,法慣習など,前2者に対する独自性を長く保持した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本来ユトランド半島にいたゲルマン人の一派。ユート人ともいう。早くからフリースラントからライン川下流地方に移動。フランク国家に隣接していたユーチEucii人とする説もある。5、6世紀にアングル人、サクソン人とともにブリタニアに渡り、とくにケント、ワイト島などイングランド南東部に定住した。ケント王国とサセックス王国の一部にジュート的な社会慣習がみられ、個人的な土地利用に特色がある。

[富沢霊岸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

イギリス人の根幹をなすアングロ−サクソン族の一部族。ユート人ともいう
ゲルマン人の一派で,民族大移動の際,イギリスに渡り定着した。5世紀半ば以降,イギリス南東部のケント地方に移動し,ケント王国を建てたが,しだいにアングル人・サクソン人と同化した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のジュート人の言及

【アングロ・サクソン人】より

…言語学的にはインド・ヨーロッパ語族の西方系の一派のチュートン語族(ゲルマン民族)に属し,低地ドイツ語からでた英語を語る。北西ドイツを原住地としたサクソン人,ユトランド半島基部に住んだアングル人,同半島に居住したジュート人などいくつかの部族の混成体。ゲルマン民族大移動の一環として,5~6世紀に原住地からブリタニアの島に移動し,先住民族ブリトン人を駆逐または支配して現在のイングランド(〈アングル人の地〉の意味)の地を占拠した。…

※「ジュート人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android