コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョイント・ベンチャー ジョイント・ベンチャー joint venture

翻訳|joint venture

3件 の用語解説(ジョイント・ベンチャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョイント・ベンチャー
ジョイント・ベンチャー
joint venture

合弁,合弁事業。複数の企業が出資して企業を設立し,共同事業を行うこと。参加企業が自社にはない専門的技術を互いに利用でき,また資金などのリスクを軽減できる。建設工事の分野では広く行われ,アメリカにおいて 1930年にフーバーダム工事に際して用いられたのが最初である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジョイント・ベンチャー

共同企業体とも。JVと略。大規模な建築や土木工事などで複数の企業が共同して工事を受注する形態をいう。また,国際合弁会社の意味にも使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョイント・ベンチャー
じょいんとべんちゃー
joint venture

共同企業体と訳したり、JVと略記することもある。大型建設工事について、一企業では資金力、技術力、労働力調達の面で制約が大きすぎる場合、複数の企業が共同して事業を受注し完成させることをいう。事業期間が長い場合には共同出資の別会社を設立することもあるが、このようなケースでは共同出資会社と訳すこともある。この語は、もともと国際的企業協力をさすものであったが、その後、国内の建設事業にも用いられるようになった。国際ジョイントベンチャーは、たとえば日本の技術力と現地国の労働力のように、各国の特色を組み合わせる形が中心である。国内ジョイント・ベンチャーは、公共工事入札の際、大手業者と中小業者の連合体に優先的地位を与えるなどの政策が促進要因となった。なお、一部であるが、ジョイント・ベンチャーの語を、国際的合弁会社全般をさす意味で用いることもある。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョイント・ベンチャーの関連キーワード競争志向の企業合弁会社ジョイントベンチャー共同出資合弁花類私企業合弁合弁企業(ジョイント・ベンチャー)合弁事業事業分離

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョイント・ベンチャーの関連情報