コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョウカイボン ジョウカイボン Athemus suturellus

4件 の用語解説(ジョウカイボンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョウカイボン
ジョウカイボン
Athemus suturellus

鞘翅目ジョウカイボン科。体長 15mm内外。体は細長く,ややカミキリムシ類に似るが軟らかい。体色は黒色で,前胸背両側,上翅,肢は黄褐色であるが,上翅は会合部や翅端部分の黒いものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジョウカイボン

ジョウカイボン科の甲虫の1種。体長15mm内外。普通,褐色だが,中央部が黒色のものもある。日本全土,朝鮮に分布。成虫は初夏に発生し,葉に多く,他の昆虫を捕食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジョウカイボン【Athemus suturellus】

甲虫目ジョウカイボン科の昆虫(イラスト)。体は黒色で,前胸の両側や上翅は黄褐色。日本全国のほか,朝鮮半島にも分布する。上翅の縫合部は縦に黒色であるが,生息地によって上翅の黒色化に変化が見られる。体長15mm内外。成虫は5~6月ころ葉上や花上に見られ,昆虫類を捕食するほか,みつもなめる。この間に雌は土中に数百の卵をかためて産みつける。卵は球形で小さい。約10日後に幼虫が出現し,落葉の中や草の根もとを歩き回って昆虫などの小動物を捕食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョウカイボン
じょうかいぼん / 浄海坊
[学]Athemus suturellus

昆虫綱甲虫目ジョウカイボン科に属する昆虫。日本各地に分布し、4月末ごろから現れ、花上や葉上に多い。体長15ミリメートル内外。黄褐色で頭・前胸背面の大紋は黒く、上ばねは地域により会合部あるいは先端が黒く、全体が黒いこともある。形はかなり長くて両側が平行する。成虫はほかの虫を捕食するが花蜜(かみつ)も食べ、雌は地中に産卵し、幼虫も肉食である。
 ジョウカイボン科soldier beetle/Cantharidaeは世界に広く分布し、数千種が知られており、そのうち日本産は70種ぐらいであるが、100種以上産すると思われる。体長3~30ミリメートルぐらい。体は細形で平たくて角張り、肩が張っているが、軟弱である。黄・赤・黒の色のものが多く、上ばねが金属色の種もある。おもに葉上にみられ、花にもくるが、肉食でほかの虫もとらえ、一部は花粉や蜜も食べる。幼虫は落ち葉の中や樹皮下などにすみ、小昆虫や虫の卵などを食べる。日本ではジョウカイボンのほか、山地に多いアオジョウカイThemus cyanipennisや近畿地方以西にいるキンイロジョウカイT. episcopalisなどが大形で目だつが、種数は中・小形のほうがはるかに多く、ヒメジョウカイ、クビボソジョウカイ、コバネジョウカイなどがある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョウカイボンの関連キーワード舟状海盆蟻塚虫牙虫穀盗人浄海坊花蚤木回塵芥虫南海舟状海盆ハンミョウ(斑猫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone