コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウェーデンカブ

百科事典マイペディアの解説

スウェーデンカブ

ルタバガとも。地中海地方原産のアブラナ科の二年生飼料作物。9月上旬に播種し,翌年12月ころから収穫する。土壌の乾燥に対しては弱いが,貧栄養,低温に対しては強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スウェーデンカブ【swede】

アブラナ科の二年草で,ルタバガrutabagaともいう。葉や茎はキャベツによく似ていて,根はカブ状に肥大する。肉質は白または黄色。しかしカブとは別種で,染色体数やゲノム構成からセイヨウアブラナと同種とされている。春にとう立ちして,淡黄色の十字花をつける。ヨーロッパで古くから栽培されているが,日本へは明治時代に飼料用としてスウェーデンから導入され,良質のものは煮食用として,北海道,東北地方などで冬の野菜とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウェーデンカブ
すうぇーでんかぶ
[学]Brassica napobrassica Mill.

アブラナ科の二年草。葉と茎はキャベツ(別名カンラン)に似ており、根が大形のカブ状に肥大するのでカブカンラン(蕪甘藍)の名があるが、カブよりも首の部分が長く、水分は少なくて肉質は堅い。オオカブともよばれるが、カブとは別種で、セイヨウアブラナから突然変異で生じたものと考えられている。キャベツとカブとの交雑種との説もある。原産地はボヘミア地方といわれる。ヨーロッパの冷涼地で栽培され、イギリスなどでは、Sweden turnip(スウェーデンのカブ)とよばれ、またルタバガrutabagaの名もある。日本へは明治以降に欧米から導入されたとされているが、それ以前に北海道や東北地方で栽培されていた記録がある。耐寒性が強く、北海道で主として栽培される。冬季の家畜の飼料としても重要であるほか、良品質のものは煮食用として北海道、東北地方で冬の野菜とされる。かつては救荒作物としても重要であった。9月上旬に種を播(ま)くと、翌年の春にとう立ちして淡黄色の花を開く。収穫は12月ころとなる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スウェーデンカブの関連情報