コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウェーリンク スウェーリンク Sweelinck, Jan Pieterszoon

4件 の用語解説(スウェーリンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウェーリンク
スウェーリンク
Sweelinck, Jan Pieterszoon

[生]1562.4. アムステルダム
[没]1621.10.16. アムステルダム
オランダオルガン奏者,作曲家。 J. S.バッハ以前のオルガン音楽の基礎を築いた一人。 1580年頃父親の跡を継いで,アムステルダムのアウデ・ケルクのオルガン奏者になる。出版された作品には,『カンツィオネス・サクレ』 (1619) などの宗教曲もあるが,スウェーリンクの名声は,オルガンの即興演奏と作曲によっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スウェーリンク

ネーデルラントの作曲家。父のあとを継いで1580年ごろからアムステルダムのオウデ・ケルクのオルガン奏者を務め,終生その職にあった。その間ネーデルラント諸都市に赴いたのみで生涯この地域に暮らしたが,シャイト,H.シャイデマン〔1596ころ-1663〕らドイツの作曲家を教え,その名声はヨーロッパ北部に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

スウェーリンク【Jan Pieterszoon Sweelinck】

1562~1621) オランダの作曲家・オルガン奏者。フレスコバルディと並ぶ初期バロック鍵盤音楽の代表的作曲家として、バッハに至る北ドイツのオルガン音楽に大きな影響を与える。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウェーリンク
すうぇーりんく
Jan Pieterzoon Sweelinck
(1562―1621)

ネーデルラントの作曲家、オルガン奏者。デーフェンテル生まれる。やはりオルガン奏者であった父の教育を受け、1580年ごろ父の後任としてアムステルダムのオウデ教会オルガン奏者となり、1621年10月16日同地で世を去るまで、生涯その地位にとどまった。フランドル楽派最後の巨匠として、詩篇(しへん)、モテットなど多数の声楽曲を残しているが、とくにオルガン曲はバロック期の源泉の一つとして重要である。単一主題、三部構成のオルガンのためのファンタジアは、フーガ成立の先駆をなした。また、コラール変奏曲も重要。オルガン奏者としての名声はヨーロッパ北部にまで広まり、シャイト、シャイデマンら多数のドイツ人オルガン奏者を教育したため、「ドイツ人オルガン奏者づくり」とよばれた。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウェーリンクの関連キーワードアムステルダム条約アムステルダム派ニューアムステルダムアムステルダムインターナショナルアムステルダム・バロック管弦楽団アムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団アムステルダムマラソンアムステルダム港アムステルダム大学アムステルダム・ロッテルダム銀行

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone