コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカイプ すかいぷSkype

知恵蔵の解説

スカイプ

Skype」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スカイプ

インターネット回線を使って通話をする電話サービスの一つ。パソコンやスマートフォンに無料の専用ソフトを入れ、ネット経由で電話をかける。利用者同士の通話ではネット使用料はかかるが、通話は無料。通常の電話回線を使うより長距離や長時間の電話が安くなるため、人気を集めている。

(2011-05-12 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スカイプ(Skype)

ピアツーピアVoIP技術を用いたインターネット電話アプリケーションソフト。ルクセンブルクの旧スカイプテクノロジーズ社(現在は米国マイクロソフト社の一部門)が開発。音声通話、ビデオ通話、インスタントメッセージ作成などが無料でできる。パソコンのほか、スマートホンタブレット型端末、通信機能を持つ一部の携帯型ゲーム機で利用可能。一般の固定電話や携帯電話に通話する有料サービスも提供されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカイプ
すかいぷ
Skype

ルクセンブルクのスカイプ・テクノロジーSkype Technologies社が2003年に開発したインターネットプロトコルを使った電話システム、およびソフトウェアの名称。創業者・開発者はニコラス・センストロムNiklas Zennstrom(1966― )とヤヌス・フリスJanus Friis(1976― )。インターネットのプロトコルであるTCP/IPを使い、P2P(ピア・ツー・ピアpeer-to-peer。サーバーとクライアントという関係ではなく、個々のコンピュータが対等な関係で接続しあう形態)で通信を行うIP電話のサービス。おもに、ウィンドウズやマッキントッシュのパーソナルコンピュータを使うが、無線LANにつながるスカイプ専用の電話機も発売されていて、かならずしもパーソナルコンピュータが必要ではない。スカイプが他のIP電話の技術よりも優れているのはサーバーを必要としないため、利用者が増加しても、運営にあたってのサーバー投資が必要ない点である。
 サーバーが必要ないため、ユーザーが増大してもコストがかからず、かつ回線を集中させないため、堅牢(けんろう)なシステムであると思われていたが、2007年8月にはウィンドウズの修正プログラムが公開され、多くのウィンドウズマシンが同時期に再起動されたことと、スカイプに含まれていたバグ(不具合)が原因で、通話が不能な状況に陥った(現在、バグは修正済みと発表されている)。
 スカイプ同士の一般の利用料金は無料だが、従来の公衆網へ電話をしたり(スカイプアウト)、従来の公衆網から電話を着信したりすると一定の通話料がかかる。しかし、それも一般の電話料金と比較すると非常に安価である。
 しかし、電話会社という事業者がなくても、通話サービスが提供可能であるということから、電話事業を国営で行っているいくつかの国においてはスカイプを禁止しようとする国もある。また、日本においては「インフラただ乗り」議論の一部にもなっている。
 技術的には非常に優れていることは万人が認めるところであるが、既存事業との折り合い、あるいはインフラ(インフラストラクチャー)維持との折り合いをどのようにつけていくかが今後の課題である。[中島由弘]
『清成啓次著、石村賢一監修『Skype――世界規模の電話代無料革命』(2005・新紀元社) ▽響三郎著『スカイプのすべて1、2』(2005、2007・RBB PRESS、オーム社発売)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スカイプの関連キーワード幻想市街劇「田園に死す」三沢編Microsoftアカウントインスタントメッセンジャーコンピュータ史(年表)JALマイレージバンクプリズム(通信 監視)ハンドボールの用語XボックスOneボイスチャット無料通話アプリハンドボールソフトフォンVoLTEバルト3国梶原しげる長尾 宜子国際電話プリズムチャット

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スカイプの関連情報