コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクラッチ scratch

翻訳|scratch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクラッチ
scratch

スクラッチ・ノイズといえば,アナログ・レコード独特の雑音のことだが,1980年代に用いられ始めたスクラッチは,ターンテーブルとアナログ・レコードを手で逆回転させて出す,特異なきしみ音のことを意味する。レコードを楽器のように扱い,もともとディスク・ジョッキーが始めたが,手軽な手法であるため,盛んに使われていた。デジタル化された CDでは無論不可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スクラッチ(scratch)

[名](スル)
引っかくこと。刻みつけること。「スクラッチボード
こすり取ること。削ること。
レコードを楽器として扱う、一種の演奏法。レコード盤を手で逆回転させてノイズを出したり、曲の途中で突然他の曲をかけたりすること。
ゴルフで、ハンディキャップをつけずに試合をすること。「スクラッチプレーヤー」
印刷の加工方法の一。隠したい印字部分を銀色の特殊インキで覆ったもので、硬貨などでインキを削り取ると印字があらわれる。宝くじや、プリペイドカードの番号表示などに利用される。
初等教育用のプログラミング言語の一。2006年にMITメディアラボが開発。動作や命令・条件分岐などに対応する種々のブロックを組み合わせることで、視覚的にプログラムを作成できる。ウェブアプリケーションとして利用可能。→ビジュアルプログラミング言語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スクラッチ【scratch】

ひっかくこと。
ゴルフやボウリングで、ハンデをつけないでプレーすること。また、ハンデ 0 のこと。 「 --プレーヤー」 「 --マッチ」
音楽で、ターン-テーブルを手で動かしノイズを出す演奏方法。ヒップ-ホップなどで多用される。
映画フィルムなどに付いたすり傷。
自転車競技のトラック種目の一。競技者のカテゴリーに応じて定められた距離(5~20キロメートル)を走り、完走時の着順を競う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

スクラッチの関連キーワードディスク・ジョッキー[disc jokey]アレルギー性結膜炎(アレルギー性鼻結膜炎)ヒップホップ[hip hop]ワルテル・フェルナンド ペレスグランドマスター・フラッシュヒューマンビートボックスdisc jockeyマルカム マクラレンモバイラーズチェックマイクロスクラッチノイズリダクションコースレーティングバーバラ クーニーマリアンネ フォスオリガ スルサレワストロークプレービル ラズウェルDJOSHOWケストエジデルヒップ・ホップ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクラッチの関連情報