スクリプト言語(読み)すくりぷとげんご(英語表記)scripting language

日本大百科全書(ニッポニカ)「スクリプト言語」の解説

スクリプト言語
すくりぷとげんご
scripting language
script language

簡易なプログラム言語のこと。用途を限定した簡単なコンピュータプログラムの記述に使われることが多く、代表的な種類にはPerl(パール)(practical extraction and report language)、VBScript(ブイビースクリプト)(Visual Basic Script)、JavaScript(ジャバスクリプト)などがある。これらによって記述されたプログラムはスクリプトとよばれている。スクリプトは一般のアプリケーションソフトウェア(アプリ)と同じように、人間が理解しやすい英単語、記号、数字を組み合わせて記述される。ただし、通常のアプリはコンパイラによって機械語に変換してからコンピュータで実行されるのに対し、スクリプトは変換をせずに実行できる簡便な性質をもっている。そのため、小規模なプログラムや、アプリの一部の補完機能として使用することに適している。またプログラムの設計が単純なので、容易に習得や応用ができる利点がある。とくにJavaScriptのようにWWWブラウザーに機能付加するものや、Web(ウェブ)サーバーに動きや対話性などの機能を追加するスクリプトが広く使われ、インターネット利用のサービスの進化に寄与している。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「スクリプト言語」の解説

スクリプト言語

簡易的なプログラミング言語。アプリケーション開発用の本格的なプログラミング言語と比較して用途を限定することで、覚えやすいように簡単な構造になっている。代表的なスクリプト言語としては、VBScriptやJavaScriptなどが挙げられる。スクリプト言語で記述されたプログラムコードを「スクリプト」と呼び、それを解釈するインタプリタというプログラムによって実行される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「スクリプト言語」の解説

スクリプト‐げんご【スクリプト言語】

script language》簡易的なプログラミング言語。習得が比較的容易で、コンパイラーによる機械語への変換をせずに、直接実行できる。ブラウザー上で動作するものも多い。JavaScriptジャバスクリプトPerlパールPythonパイソンなどが知られる。軽量プログラミング言語軽量言語。簡易言語。LL(lightweight language)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典「スクリプト言語」の解説

スクリプトげんご【スクリプト言語】

簡易的なプログラミング言語総称。習得が容易で、比較的小規模なプログラムの作成に向く。代表的なものとして、PerlJavaScriptVBScriptなどがある。◇「簡易プログラミング言語」ともいう。スクリプト言語で作成したソースコードを「スクリプト」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android