コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコットランド・ヤード スコットランドヤード

百科事典マイペディアの解説

スコットランド・ヤード

英国,ロンドンのウェストミンスターにある首都警視庁の別名。ニュー・スコットランド・ヤード公称。1829年創設から1890年までスコットランド王宮跡にあったのがこの名の由来。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコットランド・ヤード
すこっとらんどやーど
Scotland Yard

ロンドンにある首都警察、Metropolitan Policeの別称。1829年の創立時代、詰め所と後部出入口が、昔のスコットランド・ヤード(スコットランド王のロンドン屋敷跡)に向いていたために、その名のほうが一般的になった。創立当時は、制服警官のみの構成で、すべての警察活動を行っていたが、1843年、ロンドンに凶悪殺人事件が続発したときから、初めて私服の探偵が専任する犯罪捜査局が設けられ、これがのちにCIDという略称でよばれて、強力な犯罪捜査組織の中心になるようになった。その管轄はロンドン市内と、その周辺地区の一部。
 イギリスは一貫した自治警察組織国家であるが、重大な犯罪事件また難事件にあっては、地方自治警察の要請によってスコットランド・ヤードが出動し、CIDの豊富な経験と、資料を元にして捜査にあたる。現在、世界的に広く行われている刑事活動の始まりともなったもので、早くも1850年に、このスコットランド・ヤードの探偵が登場する小説をディケンズが発表し、以後、イギリス推理小説や映画などで数々のスコットランド・ヤード刑事が生まれ、その存在を世界的に有名にした。スコットランド・ヤードは、国家的な政治犯罪、騒乱についても捜査権をもち、内務大臣の指揮、命令ができる機関である。[梶 龍雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スコットランド・ヤードの関連キーワードショー(Richard Norman Shaw)リチャード・ノーマン ショーウィッチャーの事件簿サルマン ラシュディスコットランドヤード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android