コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズメノヤリ

百科事典マイペディアの解説

スズメノヤリ

イグサ科の多年草。日本全土,東アジアの平地や山麓などの草地に普通にはえる。根出葉は線形で縁に長い白毛がある。花茎は高さ10〜20cm。花は4〜5月,頂に集まって1〜3個の頭花をつくる。
→関連項目スズメノヒエ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スズメノヤリ【Luzula capitata Miq.】

低山地の明るい草地や路傍に普通にみられるイグサ科の多年草(イラスト)。日本全土に広く分布する。花茎は高さ10~30cm。茎頂に,1個の頭状に密集した花序をつける。花期は4~5月。花被片は小さく長さ2.5~3mmで,褐色を帯びるため,花序も褐色に見える。葉は線形でふちに長白毛がある。地下茎塊状で,この性質にちなんでシバイモと呼ぶ地方もある。食料不足のときには果実を食べた記録がある。 スズメノヤリ属Luzula(英名wood rush)はユーラシアの温帯に広く分布し,約80種を含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズメノヤリ
すずめのやり / 雀槍
[学]Luzula capitata (Miq.) Miq.

イグサ科の多年草。シバイモ、スズメノヒエともいうが、イネ科にもスズメノヒエがあって紛らわしい。地下茎は小さな塊状。茎は高さ10~30センチメートル、叢生(そうせい)する。根出葉を多数出し茎葉は1~2枚、ともに縁(へり)に白色の長軟毛を散生し、先は小さな堅い球になる。頭花は1個で径1~2センチメートル、小花は径0.3センチメートルほどで、花被片(かひへん)は6枚で先がとがる。雄しべは6本、花糸は葯(やく)より短い。(さくか)は花被片と同長。日当りのよい草むらに普通に生育し、日本全土および東アジアに分布する。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スズメノヤリの関連キーワード雀の稗雀粟芝草芝芋蛙草雀稗寒帯槍草

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android