コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタフ スタフ Staff, Leopold

3件 の用語解説(スタフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタフ
スタフ
Staff, Leopold

[生]1878.11.14. リボフ
[没]1957.5.31. スカルジスコカミェンナ
ポーランドの詩人。「若きポーランド」の詩運動の旗手として活躍。その影響力はスカマンデル派も含めて後代のすべての詩人にまで及んだ。作品の傾向は幅広い。数度にわたって国家文学賞を受賞。代表詩集『力についての夢』 Sny o potędze (1901) ,『空の鳥に』 Ptakom niebieskim (05) ,『針の穴』 Ucho igielne (26) ,『蜜の彩り』 Barwa miodu (36) ,『籐』 Wiklina (54) ほか。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スタフ【Leopold Staff】

1878‐1957
ポーランドの詩人。リボフの菓子商の家に生まれ,リボフ大学で哲学,文学を学んだ。世紀末文学の病的傾向への反発を特徴とする処女詩集《力の夢》(1901)をはじめ,〈若きポーランド〉期,両世界大戦間期,第2次大戦後の3時期を通じて《針の穴》(1927),《コリヤナギ》(1954)など多数の詩集を発表。詩法は変貌を重ねたが,調和のとれた詩風によりポーランドを代表する詩人となった。戯曲,ニーチェなど多方面の翻訳もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタフ
すたふ
Leopold Staff
(1878―1957)

ポーランドの詩人、劇作家、翻訳家。文学運動「若きポーランド」(19世紀末~20世紀初頭)の後期を代表する。処女詩集『力についての夢』(1901)において新鮮な才を発揮、デカダンスには反対しつつ、「若きポーランド」運動の象徴的探求を続けた。以来数多い内省的、哲学的叙情詩で人生の喜びと懐疑を歌った。ほかに象徴的詩劇『宝』(1904)と聖書の翻訳もある。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタフの関連キーワード散りぼふリボフラビン散ろぼふリボフラビン結合タンパク質リボフラビン欠乏リボフラビン欠乏症ルミフラビンルミフラビン蛍光法モドリボフ岩リボフ,G.E.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタフの関連情報