ステファヌス1世(読み)ステファヌスいっせい(英語表記)Stephanus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス1世
ステファヌスいっせい
Stephanus I

[生]?. ローマ
[没]257.8.2. ローマ
ローマ出身の第23代教皇(在位 254~257)。聖人。司祭だった 254年5月,教皇ルキウス1世の後継者として登位した。治世はおもにカルタゴの司教キュプリアヌスの 3通の書簡から知られる。ローマ皇帝デキウスの迫害により背教したスペインの司教の復位や,対立教皇ノバチアヌスに追従したとして非難されたアルルの司教の処遇をめぐってキュプリアヌスと対立した。また,アフリカと小アジア(→アナトリア)の司教たちが,異端からの帰正者に施していた再洗礼(→洗礼)を禁じた。キュプリアヌスはローマに使者を派遣し,カルタゴのローマ教会からの分離を示唆して裁量権を認めるよう迫ったが,ステファヌス1世は断固として教皇の地位の優越を主張した。ローマ皇帝ウァレリアヌスによるキリスト教迫害で殉教したともいわれる。祝日は 8月2日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android