コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピリファー スピリファーSpirifer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピリファー
Spirifer

腕足動物門のスピリファー目の代表属で,世界の石炭系中に広く知られている。有関節類で背殻の内部両側に螺旋形の腕骨をもつことが特徴。殻は変化に富むが,普通横に長く,ちょうつがい線は長く,ツバメが翼を広げた姿に似たものが多いので,石燕の中国名がある。シルル紀からペルム紀生存デボン紀最盛した化石動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スピリファー【Spirifer】

腕足動物,有関節類の一グループの総称。専門的にはある属に限定されるが,一般には広い意味で使われている。名称は背殻肉部にある腕骨がばねのような形をしていることから,ラテン語のspira(らせん)に由来し,1816年,J.ソワビーによる命名である。ちょうつがい線が長く,横長で,ちょうどツバメが羽を広げた時の形に似ていることから,中国では石燕(せきえん)の名で呼ばれている。腹殻が大きく,その後端にちょうつがい面が発達しており,両殻の表面が放射状の条線によって覆われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スピリファーの関連キーワードスピリフェリナ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スピリファーの関連情報