コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペイン舞踊 スペインぶよう Spanish dance

3件 の用語解説(スペイン舞踊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペイン舞踊
スペインぶよう
Spanish dance

16世紀頃から劇場芸術の一部として発達したサラバンドパバーヌボレロなどのいわゆるバイレ・クラシコ (古典舞踊) とムーアの影響を強く受けたアンダルシア地方のフラメンコ,およびアラゴン地方やバレンシア地方のホタのような民俗舞踊の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スペインぶよう【スペイン舞踊】

スペインは,舞踊のさかんなことにかけてはヨーロッパでも指折りの国である。ボレロセギディーリャホタファンダンゴ,各種フラメンコ舞踊など世界的に知られる踊りも少なくない。なかでも著名なのはフラメンコだが,これがスペイン舞踊のすべてであるように思うのは誤解で,この国にはより古い歴史をもつ古典舞踊や,それぞれ固有の風土を背景とした多様な民俗舞踊の流れも存在する。これらスペイン舞踊全般にほぼ共通する特徴として,第1にリズムの活発さと複雑さが挙げられよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペイン舞踊
すぺいんぶよう
spanish dance

スペイン舞踊を大別すると、宮廷舞踊から発達した舞台芸術である古典舞踊(バイレ・クラシコbaile clsico)と、スペイン全土に散在する多くの民俗舞踊(バイレス・レヒオナーレスbailes regionales)とに分けられる。アンダルシア地方のロマ(かつてジプシーとよばれた)がつくりあげたフラメンコ(バイレ・フラメンコbaile flamenco)は民俗舞踊の一種でもあるが、技術的に練磨され洗練されて、現代では舞台芸術としても世界に誇りうる独特の魅力をもっており、他の民俗舞踊とは一線を画しているともいえよう。アルヘンティーナなど20世紀の舞台舞踊家はこの三つの舞踊を混ぜ合わせたレパートリーをつくることが多く、アルベニス、グラナドス、ファリャなどスペインの作曲家の音楽による独自のスペイン舞踊を創造し、国際的な評価を得た。[市川 雅・國吉和子]

古典舞踊

16世紀のヨーロッパの宮廷では結婚式を祝って舞踊が演じられた。スペインのグアダラハラの宮廷ではガリアルダgalliarda(イタリア語。スペインではガリャルダgallarda)が踊られ、ジャンプや旋回など高度な技術がみられたと記録されている。パバーヌpavane(フランス語。スペインではパバーナpavana)も踊られたが、荘厳で行列式のこの踊りは活発なガリャルダと対(つい)で踊られたといわれる。18世紀にはボレロboleroが流行し、「ボレロ学」という学問まで生まれ、各主要都市にはボレロを教える学校があり、キリスト教会の弾圧にもかかわらず、大いにもてはやされた。現在バレエに使われている「グリッサード」というステップは、スペインのカディスで生まれ、「グリッサ」といわれていた。同じく「パ・ド・ブレ」はボレロのなかで頻繁に使われる「パスーラ」というステップから生まれたといわれる。現存するボレロはカスタネットを手に持って踊られるもので、18世紀のスペイン宮廷を想起させる優雅さを特徴としている。古典舞踊を踊った舞踊家に、アルヘンティーナ、ピラール・ロペスPilar Lpez(1912― )、マノロ・バルガスManolo Vargas(1914― )などがいる。[市川 雅・國吉和子]

民俗舞踊

スペインの民俗舞踊は数多く、各地方でそれぞれの特色をもっているが、代表的なものに、カタルーニャ地方のサルダーナ、アンダルシア地方のファンダンゴ、セビリャーナス、カスティーリャ地方のセギディーリャ、アラゴン地方やナバラ地方のホタなどがある。それぞれ地方独特の衣装を着け、カスタネット、ギター、タンバリンなどの伴奏や歌にあわせて踊られる。
 サルダーナsardanaは輪舞で、スキップ風のステップをするのが特徴である。もとは女性だけのもので、男性は輪の中に入ることが禁じられていたという。バルセロナではメルセド教団の9月の祭りで踊られるほか、祝祭的な行事の際にも踊られることがある。
 ファンダンゴfandangoは、ギターと歌が交替する伴奏にあわせて踊るが、各節の終わりには決まったステップがあり、繰り返される。活発で熱狂的な雰囲気があり、踊る人はテクニックを競う。2人で踊る場合は1人がステップを決め、もう1人がそのステップを受けてさらに技巧的に踊る。
 セビリャーナスsevillanasは、セビーリャの春祭(フェリア)で町中をあげて踊られる。普通は対舞(たいぶ)形式になっており、踊り手の技術の程度によって、簡単にも複雑にも踊ることができる。
 セギディーリャseguidillaは、ドン・キホーテで有名なラ・マンチャ地方を起源としている。伴奏の歌の最初の一節が終わると、踊っている人々は突然止まった姿勢をとる。セビリャーナスもこの特徴を備えており、セギディーリャ・セビリャーナともいわれる。
 ホタjotaは、スペイン各地にあるが、アラゴン地方のホタ・アラゴネーサがとくに有名。男女一対となった多くの組によって踊られ、男性は頭にスカーフを巻き、細いズボンを着け、速い足さばきで少し前かがみになって踊る。[市川 雅・國吉和子]

フラメンコ

フラメンコの語源には立って踊る姿が鳥のフラミンゴに似ているからという説、フランドル人のように粋(いき)な感じがあるからという説、炎や情熱を意味するフラマflamaに発する隠語説、など諸説がある。
 長く移動を続けてきた少数民族ロマがアンダルシア地方に定着したのは17~18世紀ごろといわれ、グラナダのサクラモンテやアルバイシン、セビーリャのトリアーナ、港町カディスなど各地に集落をつくり、土着の民謡や舞踊を取り入れて独自の歌や踊りをつくりあげていった。19世紀なかばになると、それらロマの歌い手や踊り手を出演させるカフェ・カンタンテ(キャバレー)ができて繁盛したが、20世紀の初めごろには衰え、かわって劇場のステージで踊られるようになり、パストラ・インペリオPastora Imperio(1888―1979)、ビセンテ・エスクデロらの名手を生んだ。その後のおもな舞踊家には、カルメン・アマーヤCarmen Amaya(1913―63)、グラン・アントニオ(本名アントニオ・ルイス・ソレール)、アントニオ・ガデスAntonio Gades(1936―2004)、クリスティーナ・オジョスCristina Hoyos(1946― )、マリオ・マジャMario Maya(1937― )、メルチェ・エスメラルダMerche Esmeralda(1950― )、マヌエラ・カラスコManuela Carrasco(1958― )、ホアキン・コルテスJoaqun Corts(1969― )などがおり、洗練された演出と高度な技術で観客を魅了している。
 フラメンコの音楽は愛の悲しみや苦悩を表現したものが多く、それをカンテ・ホンドcante jondo (hondo)(深い歌の意)というが、それ以外にも軽快で陽気なカンテ・チーコcante chicoや、非ロマ系のアンダルシア民謡、中南米から逆輸入したものなどもあり、これらの混交もある。音楽に踊りがついているものに、アレグリーアスalegras、ブレリーアスbuleras、ファルーカfarruca、ソレアーレスsoleares、ティエントスtientos、シギリジャスsiguiriyasなどがある。アンダルシア民謡を振り付けたファンダンゴやセビリャーナスなどでは、本来は持たないカスタネットを両手につけて踊ることも多い。
 フラメンコには、カンテcante(歌)とバイレbaile(踊り)とトケtoque(ギターの弾奏)の一体感が必要であるが、歌もギターもなくただリズムだけで踊ることもある。踊り自体が音楽性を備えていることも特徴で、ピトスpitos(指打ち)、パルマスpalmas(手拍子)、サパテアドzapateado(足踏み)などをダンサーは踊りながら行う。女性舞踊と男性舞踊があるが、女性の場合、姿勢はS字形を描き、腕の曲線的な動きが重要であり、男性は垂直に立ち、正確で強い足踏みが要求される。
 フラメンコの人気は外国にも及び、国際的にも舞踊家を輩出している。日本では河上鈴子(1902―88)によってスペイン舞踊が本格的に紹介され、その後、ペペ・斉京(さいきょう)(1912― )、小松原庸子(ようこ)(1931― )、長嶺(ながみね)ヤス子(1936― )、小島章司(1939― )、山崎泰(やすし)(1943― )らの一貫した活躍によってフラメンコが定着した。1980年代から90年代にかけては、実力の充実した碇山奈奈(いかりやまなな)(1950― )、入交恒子(いりまじりつねこ)(1961― )ら若手が多数輩出した。[市川 雅・國吉和子]
『浜田滋郎著『フラメンコの歴史』(1983・晶文社) ▽パセオ編集部編『フラメンコ百科』(1990・パセオ) ▽ジェラルド・ジョナス著、田中祥子・山口順子訳『世界のダンス――民族の踊り、その歴史と文化』(2000・大修館書店) ▽小島章司編『フラメンコへの招待』(2002・新書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペイン舞踊の関連キーワードインナーアメリカスペイン戦争そんなこんなスペイン村スペイン領サハラ国民挿話組曲「スペイン」スペイン舞曲集スペイン国立バレエ団スペイン速歩 (Spanish trot)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スペイン舞踊の関連情報