スボボダ(読み)すぼぼだ(英語表記)Ludvík Svoboda

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スボボダ(Ludvk Svoboda)
すぼぼだ
Ludvk Svoboda
(1895―1979)

旧チェコスロバキアの軍人、政治家。モラビアの山村の出。第一次世界大戦中ロシア戦線で捕虜となり、帰国後将校になった。1939年には当時のソ連に逃れ、同地でチェコスロバキア連隊を結成、1945年3月に成立した政権の国防相に就任した。1951年に副首相になったが、スターリン主義の犠牲になり翌1952年逮捕、投獄された。1968年3月に国民の声望を背に大統領に就任した。8月ソ連が軍事介入し、親ソ政権の樹立を要求したが、頑として拒否した。その後の「正常化」過程でも職にとどまったが、1975年に病気のため地位を退いた。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

HUAWEI

スマートフォン、タブレット、PC等のハードウエア製造、販売の他、通信事業者向けネットワーク事業も手掛ける中国の民間企業。1987年に中国深●(しんせん)で設立された。中国語表記では「華為技術」。200...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android