コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミロドン(英語表記)Smilodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミロドン
Smilodon

食肉目ネコ科に属する大型絶滅属。北アメリカの第四紀更新世に栄えた。大きさはライオン程度。犬歯が長大な点で,マカイロダス Machairodusやメガンテレオン Meganthereonと共通し,ケンシコ類のなかで最も進化していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スミロドン【Smilodon】

剣歯虎(けんしこ)saber toothed tiger(cat)ともいう。食肉目ネコ科に属する絶滅獣の1属。アラスカ,北アメリカ中南部,南アメリカのブラジルやアルゼンチンの第四紀更新世の地層から化石として発見されている。肩高1mでライオンぐらいの大きさ,上顎の犬歯が状に長く下方に伸びていて,その前後縁にはのこぎりのようなぎざぎざのきざみがある。下顎の先は,上顎の長い牙を受けるため短縮していた。カリフォルニアのランチョ・ラ・ブレアにはタールの池があり,そこに落ちこんだたくさんの動物が発掘されて有名であるが,スミロドンの化石も多く,共に産出するアメリカマストドンのような大型獣を襲い,長い牙で首筋を刺したとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スミロドンの関連情報