コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリーブ スリーブsleeve

翻訳|sleeve

5件 の用語解説(スリーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリーブ
スリーブ
sleeve

洋服の。次の各種がある。 (1) 袖幅から,タイトな袖,ルーズな袖,ハンギング袖など。 (2) 袖丈の長短から,無袖,半袖,七分袖,手首丈,長袖など。 (3) 裁断上から,1枚袖,2枚袖,テーラード袖,バイアス袖など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スリーブ(sleeves)

洋服の袖。「ノースリーブ
紙コップなどにはめて、持った指に熱が伝わりにくくするための、筒状の具。
棒軸などをはめ込む金具。また、絶縁や結束保護に用いる、ナイロンガラス製の部品。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スリーブ

洋服の袖(そで)のこと。袖のある衣服は古代ローマ末期に現れ,中世以後さまざまなデザインが工夫された。現在の袖は長さにより半袖,七分袖,長袖などがあり,型には袖山の低いシャツスリーブ,身ごろと袖を続けて裁ったフレンチ・スリーブキモノ・スリーブ),袖ぐりが深くゆったりしているドルマン・スリーブ,衿(えり)ぐりから袖下にかけて斜めに切り替えたラグラン・スリーブギャザーなどで肩先や袖口をふくらませたパフ・スリーブなどがある。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スリーブ
すりーぶ
sleeve

洋服での腕を通したり包んだりする部分の総称、日本語の袖(そで)にあたる。[石山 彰]

歴史

「すべる」意味のインド・ヨーロッパ語がドイツ語を通してslfeという古代英語になり、やがてsleeveとして定着した。これがその語源とされている。紀元前1500年代のクレタの男女や紀元前8世紀のアッシリアの男女は、ぴったりした胴衣やチュニックを着ており、短い袖がついている。しかし、古代の衣服の大半はドレーパリー(巻衣)であったところから、ことさら独立した袖という概念は成り立ちにくかったと思われる。
 しかし、中世になって東洋との交流が盛んになると、多様なスリーブが登場する。袖口でラッパ形に広がる大きな三角形の袖(マジャール袖ともいう)はその典型である。同末期のゴシック期には、衣服そのものの構造的発展に伴ってさまざまなスリーブが現れ、やがて次期ルネサンスになると、スリーブの形自体が流行の一つの焦点になってくる。ハム形、ソーセージ形、バグパイプ形……といったぐあいである。17世紀のバロック期以後になって、男子服ではコート型の長上着が一般化すると、スリーブもほとんど定型化した筒型になり、この傾向はいまに及んでいる。
 他方、女子服でのスリーブは、半袖の袖口から通例2~3段のラッフルのカフスをのぞかせる優雅なものに変わり、18世紀いっぱい続けられた。しかし、19世紀に入ってモードの変化が激しくなると、スリーブの形の変化もふたたび活発になり、エレファント・スリーブ、レッグ・オブ・マトン・スリーブ(ジゴ袖、羊脚袖ともいう)、ビショップ・スリーブなど、華やかな展開をみせた。しかし、20世紀に入って機能主義が高まってくると、婦人服自体も簡潔な方向をたどり、スリーブも控え目なものになった。[石山 彰]

種類

こうした西洋服における煩雑なスリーブの変化にもかかわらず、イギリスの学者カニングトンは、これを次のように系統的に分類している。

 〔1〕にはノー・スリーブ、タイト・スリーブ、テーラード・スリーブなどが含まれ、〔2〕にはハンギング・スリーブ、フォールス・スリーブ(腕を通さない装飾としての偽の袖)など、〔3〕にはドルマン・スリーブ(袖付けで極端に緩く、手首で細まる袖)、ビショップ・スリーブ(袖付けで細く、袖口で緩い袖)、ジゴ袖(前出)などが、また〔4〕にはパフ・スリーブ(小さく膨らんだ袖)、バルーン・スリーブ(風船状にやや大きく膨らんだ袖)、ケープ・スリーブなどがある。
 スリーブの種別は、これにとどまらず、分類の基準も別に次のいくつかが設定できる。(1)長さから スリーブレス(袖なし)、ハーフ・レングス・スリーブ(半袖)またはエルボー・レングス・スリーブ(肘(ひじ)丈袖)、スリー・クォーター・レングス・スリーブ(七分丈袖)、リスト・レングス・スリーブ(手首丈袖)、ロング・スリーブ(長袖)など。(2)裁断上から ワンピース・スリーブ(一枚裁ちの袖)、ツーピース・スリーブ(二枚裁ちの袖)など。(3)袖付けの状態から セットイン・スリーブ(普通袖)、キモノ・スリーブ(身頃(みごろ)と一続きの袖)、フレンチ・スリーブ(同前)、ラグラン・スリーブ(襟元から肩、袖と一続きで、切り替え線が前後で八の字形になった袖)、ドルマン・スリーブ(前出)、ハイショルダー(怒り肩の袖)、ドロップ・ショルダー(肩下がりの袖)など。(4)装飾上から ティアード・スリーブ(段々状になった袖)、スラッシュド・スリーブ(切り目装飾のある袖)、マムルーク・スリーブ(何段にも連続的に膨らませた袖)などがある。[石山 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスリーブの言及

【袖】より

…衣服の腕を覆う部分の名称。
[洋服の袖]
 スリーブsleeveともいい,半袖,長袖,七分袖など長さはさまざまである。袖がつくまでは,古代ギリシアのイオニア風キトンやローマのトゥニカのように,貫頭衣に帯を締めて着装すると,肩から腕に垂れる部分が自然に袖を形づくった。…

※「スリーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スリーブの関連情報