スルツエイ(英語表記)Surtsey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「スルツエイ」の解説

スルツエイ
Surtsey

アイスランド南西部,ベストマンナエイヤル(ベストマン群)の南西海上に,1963年11月噴出した海底火山。その後 3年半にわたり激しい爆発,次いで溶岩流出を続け,面積 2.5km2,高さ 171m,海底からは 290mに成長した。沈静後は周囲から海食を受けて縮小し,2008年現在,面積 1.4km2,高さ 154mとなっている。島名は北ヨーロッパ神話にある火の国の巨人スルトの島(エイ)の意で,1965年アイスランド政府が命名した。噴火中から沈静後にかけて地質学,生物学,生態学上の長期研究がなされている。2008年世界遺産自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界遺産詳解「スルツエイ」の解説

スルツエイ【スルツエイ】

2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、1963~1967年の火山活動により形成された新島。1965年に維管束(いかんそく)植物が発見され、今日では多種の植物、鳥類などが確認されている。陸上、淡水、沿岸及び海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はSurtsey

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android