コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルツエイ(英語表記)Surtsey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルツエイ
Surtsey

アイスランド南西部,ベストマンナエイヤル(ベストマン群島)の南西海上に,1963年11月噴出した海底火山。その後 3年半にわたり激しい爆発,次いで溶岩流出を続け,面積 2.5km2,高さ 171m,海底からは 290mに成長した。沈静後は周囲から海食を受けて縮小し,2008年現在,面積 1.4km2,高さ 154mとなっている。島名は北ヨーロッパ神話にある火の国の巨人スルトの島(エイ)の意で,1965年アイスランド政府が命名した。噴火中から沈静後にかけて地質学,生物学,生態学上の長期研究がなされている。2008年世界遺産の自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スルツエイ

アイスランド南岸にある火山島。海底火山噴火で形成された島で,誕生から保護されているため手付かずの自然環境が残されている。そのため,生態系に関する調査や研究において貴重な場所である。2008年世界自然遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

スルツエイ【スルツエイ】

2008年に登録されたアイスランドの世界遺産(自然遺産)で、1963~1967年の火山活動により形成された新島。1965年に維管束(いかんそく)植物が発見され、今日では多種の植物、鳥類などが確認されている。陸上、淡水、沿岸及び海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はSurtsey

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android