コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルホンアミド sulfonamide

翻訳|sulfonamide

栄養・生化学辞典の解説

スルホンアミド

 一般式RSO2NR-R″で表されるスルホン酸のアミド.サルファ剤などはこの化合物の群に属する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スルホンアミド
するほんあみど
sulfonamide

スルホン酸RSO3Hのヒドロキシ基-OHをアミノ基-NH2で置換した化合物。極性が大きく、分子量の小さなものは水に溶けやすい。スルホン酸の塩化物とアンモニアまたはアミンの反応で合成する。
  RSO2Cl+2H2NR'―→
   RSO2NHR'+R'NH2・HCl
 窒素に結合した水素の数によって、第一から第三アミドに分類される。アミノ基の水素は酸性が強く、水酸化ナトリウムと反応して、水溶性のナトリウム塩の形になる。スルホンアミドの構造をもったものには、代表的な化学療法剤であるサルファ剤(スルファ剤)、人工甘味料のサッカリンなどがある。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスルホンアミドの言及

【酸アミド】より

…酸アミドは有機合成原料として広く用いられるが,低位のN‐置換アミドは溶媒として利用される。スルホン酸のアミドRSO2NH2はスルホンアミドsulfonamideと呼ばれる。【井畑 敏一】。…

※「スルホンアミド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スルホンアミドの関連キーワードスルファニルアミドヒンスベルク反応pアミノ安息香酸アミン(化合物)スルファニル酸スルファミン剤アセタゾラミドクロラミンTプロントジル抗てんかん薬アミノ化合物界面活性剤人工甘味料三酸化硫黄蜂窩織炎酸アミドドーマク有機酸

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スルホンアミドの関連情報