コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズイムシアカタマゴバチ ズイムシアカタマゴバチ Trichogramma japonicum

4件 の用語解説(ズイムシアカタマゴバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズイムシアカタマゴバチ
ズイムシアカタマゴバチ
Trichogramma japonicum

膜翅目タマゴヤドリコバチ科。雌の体長 0.4mm内外。体は短太,黄褐色で,腹部は褐色。翅は透明で前翅の基部はやや曇る。触角は6節から成り,先端の1節は長く棍棒状になっている。産卵管はわずかに腹端をこえて突出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ズイムシアカタマゴバチ

膜翅(まくし)目タマゴコバチ科の昆虫。体長0.5mm内外の微小種で,体は黄褐色。ズイムシ類の天敵として知られ,幼虫はニカメイガサンカメイガなどの卵に寄生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ズイムシアカタマゴバチ【Trichogramma japonicum】

膜翅目タマゴヤドリコバチ科の昆虫。体長0.5mmほどの小さいハチ。体は黄褐色で,腹部は褐色。複眼は赤く翅は透明で長い縁毛がある。腹部の先端はとがり,産卵管は突出する。日本,台湾,フィリピン,中国,ジャワ,インドなどに分布する。水田のように湿った草地を好みいろいろな昆虫の卵に寄生するが,おもにイネの害虫のズイムシ類のニカメイガ,サンカメイガの卵に寄生し,ズイムシの天敵として重要。近縁種のキイロタマゴバチT.dendrolimiは森林にすみマツケムシ,チャハマキナシヒメシンクイなどの卵に寄生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズイムシアカタマゴバチ
ずいむしあかたまごばち / 螟虫赤卵蜂
[学]Trichogramma japonicum

節足動物門昆虫綱膜翅(まくし)目タマゴヤドリコバチ科に属する昆虫。日本、朝鮮半島、中国、台湾、フィリピン、東南アジア、インドに広く分布。体長0.4ミリメートル内外の微小な卵寄生バチで、体は黄褐色で腹部は褐色。複眼は赤色。触角は雌が6節、雄が4節よりなる。イネの茎を食害するニカメイガやサンカメイガなどの卵に寄生して、これを殺す重要な天敵として有名である。そのほか、ウラナミシジミ、フタオビコヤガ、イチモンジセセリなどの卵にも寄生する。
 一般にTrichogramma属の種類は、成育期間中の温度によって体色や形態に変化(季節型)が生じるので、分類上、注意を要する。[立川哲三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズイムシアカタマゴバチの関連キーワード寄生蜂小蜂癭蜂鼈甲蜂髄虫赤卵蜂イチジクコバチルビーアカヤドリトビコバチコガネコバチツヤコバチ(艶小蜂)アリヤドリコバチ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone