コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズダヤクシュ Tiarella polyphylla D.Don

世界大百科事典 第2版の解説

ズダヤクシュ【Tiarella polyphylla D.Don】

温帯のブナ林内や亜高山帯針葉樹林内など,深山の湿った林床にはえるユキノシタ科多年草(イラスト)。根茎は細く,地下に走出枝を伸ばす。数枚の根生葉があり,柄が長く,葉身は心円形で,浅く3~5裂する。花茎にも2~4枚の葉があるが柄は短い。6~8月,花茎の先に総状花序をつくり,白い花がやや下向きに開く。萼筒は杯状で,萼裂片は5枚,白色,表面に腺毛を密生する。花弁も白色で5枚,針形で,萼裂片より長い。おしべは10本,花外に長くつき出る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズダヤクシュ
ずだやくしゅ / 喘息薬種
[学]Tiarella polyphylla D. Don

ユキノシタ科の多年草。根茎は細く、地下に走出枝を伸ばす。根出葉は数枚、円心形で浅く3~5裂し、長い柄がある。茎にも2~4枚の葉があり、柄は短い。6~8月、総状花序をなし、白色花が下向きに開く。萼筒(がくとう)は杯(さかずき)状、萼片は5枚、白色で表面に腺毛(せんもう)を密生する。花弁も5枚、針形で萼片より長い。雄しべは10本、花外に長く突き出る。(さくか)は2片に裂けるが、下側のものは他の1片よりもはるかに長い。深山の湿った林床に生え、温帯のブナ林や亜高山帯の針葉樹林内に多い。北海道から四国、および中国、ヒマラヤに分布する。長野県で喘息(ぜんそく)のことを「ずだ」といい、本種を喘息の薬として用いることから喘息薬種の名がある。[若林三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ズダヤクシュの関連キーワードズダヤクシュ(喘息薬種)温帯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android