コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイウチ セイウチ Odobenus rosmarus; walrus

3件 の用語解説(セイウチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイウチ
セイウチ
Odobenus rosmarus; walrus

食肉目鰭脚亜目セイウチ科セイウチ属。雄は体長約 3.6m,体重約 1.9t,雌は体長約 3m,体重約 1.2tに達する。出生体長は1~1.2m,出生体重 45~75kg。体毛は粗く茶色を呈し短く,年をとると脱落する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セイウチ

食肉目セイウチ科の海生哺乳(ほにゅう)類。雄は体長2.9〜3.2m,体重795〜1210kgほど,雌はやや小さい。体に褐色の粗毛があるが,老獣では皮膚が裸出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイウチ
せいうち / 海象
walrus
[学]Odobenus rosmarus

哺乳(ほにゅう)綱鰭脚(ききゃく)目セイウチ科に属する海産動物。雄は体長3.6メートル、体重1.6トンに達するが、雌は最大2.6メートル、体重1.3トンどまりである。雌雄とも上顎(じょうがく)の犬歯が離乳のころから牙(きば)として発達し、雄では最長1メートルに達するものもいるが、雌ではやや短い。これがゾウを連想させるため「海象」の字があてられた。耳介はない。皮膚は厚く、しわが多い。子供のときには紫褐色の皮膚に茶褐色の毛が多く生えているが、成長に伴って脱毛し、茶褐色の皮膚を裸出する。吻端(ふんたん)は丸く突出し、太くて短い触毛が密集して生える。四肢とも五指があり、後脚のつめは前指のつめよりも長い。足裏にも毛が生えている。牙で海底の砂を掘って二枚貝を食べる。
 4~6月にかけて交尾が行われ、5月を中心に分娩(ぶんべん)する。多くの子は約2年で離乳し、雌は6、7年、雄は8~10年で成熟し、寿命は約40年である。北極海の海岸や氷上で500頭くらいの群れをつくり、1日の大部分を寝て過ごす。もっとも多く生息しているのはベーリング海峡付近で、冬には海峡の南に集まり、夏は海峡の北に多い。この付近に約14万頭、バレンツ海に数千頭、ラプテフ海に約3000頭、デービス海峡に約1万頭が生息していると推定されている。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セイウチの関連キーワード鰭脚類行政罰食肉類海象せいくる目の黒いうちアザラシ(海豹)アシカ(海驢∥葦鹿)セイウチ(海象)鰭脚亜目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セイウチの関連情報