コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セティ[1世] Sethi I

世界大百科事典 第2版の解説

セティ[1世]【Sethi I】

古代エジプト第19王朝2代目の王。在位,前1304ころ‐前1290年ころ。王朝の始祖ラメセス1世の子。〈アマルナ革命〉の後遺症からの本格的な再建を目ざし,即位後直ちにアジア遠征を再開し,パレスティナ,南シリアの回復にほぼ成功した。国内でもアマルナ時代に削除されたアメンをはじめとする神名の復原,カルナック神殿大列柱室やアビドスのオシリス神殿などの建造や再建を大規模に推進した。〈王家の谷〉の王墓(第17号墓)は王墓中最大規模を誇り,新王国時代の葬礼文書をほとんど網羅し,芸術性に富む優美な浮彫をよく保存する壁面装飾とともに〈王家の谷〉を代表する王墓とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセティ[1世]の言及

【アビドス】より

…遺跡は中央の墓地をはさんで,北のオシリス神殿,南の空墓群に分かれ,墓地は古代よりの盗掘で損傷著しいが,1899‐1903年のピートリーの発掘をはじめ調査がくり返され,初期王朝時代の泥章・小牌・石碑,中王国時代の供養碑など重要史料が発見されている。オシリス神殿は完全な廃墟であるが,空墓のうちセティ1世建立のもの(オシレイオンとよぶ)とその神殿,ラメセス2世建立の神殿は,建築プランと壁面の彩色浮彫を比較的よく保存している。【屋形 禎亮】。…

※「セティ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android