コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビドス アビドスAbydos

6件 の用語解説(アビドスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アビドス
アビドス
Abydos

アナトリア古代都市ヘレスポントス (現チャナッカレ) 海峡東側,現トルコの都市チャナッカレの北西に位置する。トラキア人の都市に由来し,前 670年頃ミレトス人が植民した。前 200年マケドニアフィリッポス5世に対して果敢に戦った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アビドス
アビドス
Abydos; Abdu; Ebot

古代エジプトの最も有名な聖地。エジプト名アブドゥ,コプト名エボト。ナイル川の西岸の砂漠にあり,上エジプトの重要な都市ティニスの墓地であった。 19世紀になって第1,2王朝の王たちの墳墓が発見されたが,多くは死体を埋めない記念碑と考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アビドス(Abydos)

エジプト、ナイル川中流西岸に位置する古代エジプトの聖地。冥府の神オシリス信仰の中心地として知られる。新王国時代に築かれたセティ1世葬祭殿オシレイオンラムセス2世神殿をはじめ、歴代の王の墓、神殿などが残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アビドス

エジプト中部,ナイル西岸にある古代遺跡。オシリス崇拝の中心地として栄えた。セティ1世のオシレイオン,ラメセス2世の神殿ほかがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アビドス【Abydos】

エジプト中部のナイル西岸にあり,古代エジプトのオシリス信仰の中心地として栄えた遺跡。元来は上エジプト第8ノモスの州都ティニスの墓地として,ティニスから出て上・下エジプトを統一した王家の墓地が営まれた(先王朝時代末期より初期王朝時代)。墓地の守護神はケンティアメンティウ(西方の第一人者)であったが,古王国後半以降のオシリス信仰の興隆によって,故王がオシリスに変容するという教義が確立すると共にオシリスと同一視され,オシリス信仰の総本山となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アビドス
あびどす
Abydos

ナイル川の左岸、テーベの下流約300キロメートルに位置する、古代エジプトの聖地。初期王朝時代(前3100ころ~前2686ころ)にすでに地域神の聖地とみなされていたが、復活と永生の神オシリスOsirisの信仰がピラミッド時代(前2686ころ~前2181ころ)に王家の宗教となってから、この地の重要性は飛躍的に増大した。オシリスはこの地に葬られたと神話は述べていたからである。以後、歴代の諸王はここに墓、神殿、記念碑を築き、アビドス巡礼は王の義務となった。
 考古学上の発掘調査は、19世紀以来頻繁に行われている。ギゼーの大ピラミッドの建造者クフ王の現存唯一の彫像は、ここでイギリスのピートリー(ペトリー)によって発見された。セティ1世神殿、ラムセス2世神殿などがいまもみられる。[酒井傳六]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアビドスの言及

【エジプト美術】より

…このような長方形の台形の墓をマスタバと呼ぶ。アビドスの王墓では単純なマスタバの前面に1対の石碑と供物台が置かれ,全体を取り囲む周壁がめぐらされていた。マスタバの壁面に二つのニッチが設けられ,あるいはそこに〈偽扉false door〉がつけられることもある。…

※「アビドス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone