コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマルナ時代 アマルナじだい

3件 の用語解説(アマルナ時代の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アマルナ時代【アマルナじだい】

広義には,アマルナ文書に示されるように,エジプトを中心にオリエント諸国の間に広い国際関係の発達した時代(前14世紀前半から中葉)。狭義には,エジプト第18王朝のアメンヘテプ3世,同4世(イクナートン)の治世をさし,ときに次王ツタンカーメン時代までを含めることもある。
→関連項目エジプト(地域)ラメセス[2世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アマルナじだい【アマルナ時代】

古代エジプト第18王朝の宗教改革イクナートン(在位,前1364ころ‐前1347ころ)の新都アケトアテンの現在名にちなんでつけられた時代。アマルナに都のおかれたイクナートンの治世および改革の萌芽のみられる先王アメンヘテプ3世の治世後半をさし,時には次王ツタンカーメン王の治世を含めることもある。また古代オリエント史上においては,アマルナ出土の楔形文字文書(アマルナ文書)によってエジプト支配下のシリアパレスティナをめぐるオリエント諸国の国際関係を研究できる前14世紀前半から中葉にかけての時代をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマルナ時代
あまるなじだい

エジプト新王国第18王朝、アメンヘテプ3世、4世の治世。紀元前1417年ごろから前1362年ごろまでの時代をいう。前代のトゥトメス3世、アメンヘテプ2世、トゥトメス4世の外征で、エジプトには莫大(ばくだい)な富がもたらされたと同時に、他民族の異文化が流入したことによって既存の文化は多大な影響を受けた。アメンヘテプ3世の時代は、アジアのミタンニ、ヒッタイトなどの国々と文化交流が盛んに行われた。アメンヘテプ4世の時代に入ると、テーベのアモンの神官団の権力が異常に増大し、王権自体が危ぶまれてきた。それを憂慮した4世は、治世4年、アトンという太陽神を絶対唯一神とし、テーベのアモンの信仰崇拝から脱すべく宗教改革を行った。その手始めとして、治世6年、アケト・アテン(アテンの地平線という意味。今日のテル・エル・アマルナ)の建設を開始、治世8年、テーベからここに都を移し、王名もイクナートン(アトンの光輝)と改名した。この宗教改革は、単に宗教のみにとどまらず、芸術、とくに壁画、彫像、神殿建築、また文学においては文語体から口語体へと、伝統を否定する種々の試行錯誤が多岐にわたって行われた。つまり新王国時代初頭に支配していた芸術における理想主義が、この時代に入って写実、自然主義の傾向へと変化していった。[大村幸弘]

壁画

従来の伝統に拘束されることなく、自由な発想を背景に描かれている。アケト・アテンの王廟(おうびょう)には、王女の死を悲しむ両親の姿が克明に描かれており、写実主義がみごとに貫かれているが、テーベの西岸にある貴族の墓の壁画にも、その兆候は認められ、遷都以前にすでに写実主義の基礎が確立されていたといえる。[大村幸弘]

彫像

彫像も写実、自然主義を基本としている。イクナートンの彫像は、王自身の内面的性格すら読み取ることができるし、アケト・アテンの工房で発見されたネフェルティティ(イクナートンの妃(ひ))の頭部像では、王妃の唇、目、そして顎(あご)から胸へかけての穏やかな美しい線など、実に正確に写実されている。[大村幸弘]

神殿

アメンヘテプ3世の時代には、前諸王の時代に蓄積された富をもとにルクソール神殿、テーベ西岸に王自身の葬祭殿が造営されたが、構築方法、プラン自体は伝統を踏襲したものといえる。しかし、アケト・アテンの神殿建築は、方位的には従来どおり東向きではあったが、光線を配慮したためルクソール神殿などにみられる多柱室は廃止された。またこの神殿は急遽(きゅうきょ)造営されたこともあって、建築資材に従来のように石材は多用されず、日干しれんががおもに使用されたため、神殿自体荘厳な重厚さには欠けていた。
 アマルナ時代はイクナートンの死後終わりを告げた。ツタンカーメン王の時代に入り、旧秩序の回復を望む神官団と王との間に和解が成立、都もアケト・アテンからふたたびテーベへ戻され、アモン信仰が復活した。しかし、表面的には旧秩序が回復したものの、芸術に一度吹き荒れた写実、自然主義は、次の時代にまで強い影響を与えた。[大村幸弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマルナ時代の関連キーワードイクナートンエジプト暦クフノモスルクソールエジプト鼠エジプト綿古代エジプト語アクナーテンエジプト風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマルナ時代の関連情報