コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セデス セデスCœdès, Georges

5件 の用語解説(セデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セデス
セデス
Cœdès, Georges

[生]1886.8.10. パリ
[没]1969
フランス東南アジア史学者。ハノイにあったフランス極東学院 (現在パリ) の教授 (1914~17) ,シャム国立バジラニャーナ図書館館長 (18~27) ,シャム王立研究所所長 (27~28) ,極東学院院長 (29~46) を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セデス

フランスの東南アジア学者。パリに生まれる。碑文研究に卓越した業績を残し,ハノイにあった極東学院の院長を1929年から1947年まで務める。カンボジア,タイなどの碑文研究をとおして,東南アジアの考古学,美術史,歴史研究の基本的な史料整備に貢献,スマトラからマレー半島を領域とした,スリウィジャヤ国の存在を実証したのは大きな功績とされる。
→関連項目極東学院

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

セデス

シオノギ製薬が販売する薬剤名のブランド。イソプロピルアンチピリン、アセトアミノフェンなどを配合した鎮痛薬。「セデスハイ」「新セデス錠」「セデスファースト」のほか、イブプロフェン主成分とした「セデスキュア」がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セデス【George Coedès】

1886‐1969
東南アジア碑文(刻文)研究の第一人者。パリに生まれ,1904年にカンボジアの古碑銘を扱った論文を極東学院の紀要《BEFEO》に発表して以来,六十数年にわたってインド文化の影響を受けた東南アジア各地,特にカンボジアおよびタイの刻文の研究を続け,また考古学,美術史の研究を併せ行って,これらの国々の歴史の骨組みを明らかにした。スマトラ,マレー半島方面にあった大国スリウィジャヤの存在を明らかにしたのも大きな功績である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

セデス【George Coedès】

1886~1969) フランスの歴史家。ハノイの極東学院長。碑文の研究により東南アジア史研究に貢献。著「インドシナ文明史」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

セデスの関連キーワードナンバースクール岩石区帝国大学スティーブンソン帝国大学クラークベックマン他形ひん岩帝国大学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セデスの関連情報