コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セデス Cœdès, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セデス
Cœdès, Georges

[生]1886.8.10. パリ
[没]1969
フランスの東南アジア史学者。ハノイにあったフランス極東学院 (現在パリ) の教授 (1914~17) ,シャム国立バジラニャーナ図書館館長 (18~27) ,シャム王立研究所所長 (27~28) ,極東学院院長 (29~46) を歴任。晩年はフランス学士院のメンバーであった。 35年間に及ぶ現地体験をもち,碑銘学的研究によってインドシナの歴史研究に多大の貢献をした。主著『インドシナ,インドネシアにおけるインド化した諸国』 Les États hindouisés d'Indochine et d'Indonésie (48) ,『インドシナ半島の人々-文明史』 Les Peuples de la péninsule Indochinoise: histoire-civilisation (62) などのほか多くの著述がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

セデス

フランスの東南アジア学者。パリに生まれる。碑文研究に卓越した業績を残し,ハノイにあった極東学院の院長を1929年から1947年まで務める。カンボジア,タイなどの碑文研究をとおして,東南アジアの考古学,美術史,歴史研究の基本的な史料整備に貢献,スマトラからマレー半島を領域とした,スリウィジャヤ国の存在を実証したのは大きな功績とされる。
→関連項目極東学院

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セデス【George Coedès】

1886‐1969
東南アジア碑文(刻文)研究の第一人者。パリに生まれ,1904年にカンボジアの古碑銘を扱った論文を極東学院紀要BEFEO》に発表して以来,六十数年にわたってインド文化の影響を受けた東南アジア各地,特にカンボジアおよびタイの刻文の研究を続け,また考古学,美術史の研究を併せ行って,これらの国々の歴史の骨組みを明らかにした。スマトラ,マレー半島方面にあった大国スリウィジャヤの存在を明らかにしたのも大きな功績である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

セデス【George Coedès】

1886~1969) フランスの歴史家。ハノイの極東学院長。碑文の研究により東南アジア史研究に貢献。著「インドシナ文明史」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

セデス

生年月日:1886年8月10日
フランスの東南アジア史学者
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

セデスの関連キーワードMercedesメルセデス・ベンツSLRマクラーレンメルセデス・ベンツSLKクラスメルセデス・ベンツCLKクラスメルセデス・ベンツCLSクラスメルセデス・ベンツCLクラスメルセデス・ベンツGLクラスメルセデス・ベンツSLクラスダイムラー・ベンツ[会社]メルセデス・ベンツ190Eメルセデス・ベンツMクラスメルセデス・ベンツSクラスメルセデス・ベンツVクラスメルセデス・ベンツCクラスメルセデス・ベンツRクラスメルセデス・ベンツGクラスダイムラー・ベンツ[会社]メルセデス・ベンツEクラスメルセデス・ベンツBクラススチュアート アップルビー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android