コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セバスティアヌス Sebastianus

世界大百科事典 第2版の解説

セバスティアヌス【Sebastianus】

3世紀末~4世紀の殉教聖人。生没年不詳。ディオクレティアヌス帝の近衛兵であったが,キリスト教徒であることがわかり,生きた標的として射手たちに矢を射こまれる刑を受けた。しかし寡婦イレネIreneの介抱で奇跡的に快癒し,今度は棒で殴打されて殉教。ローマの下水道に投げ捨てられた死体は後に発見され,カタコンベに埋葬された。美術表現では受刑具の矢が持物で,射手や弩の使い手などの守護聖人。また,中世後期には,神の手から放たれた矢によって発病すると考えられていたペストに対する守護聖人として広く崇敬された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

セバスティアヌス【Sebastianus】

古代ローマの近衛兵。聖人。三世紀末頃、ディオクレティアヌス帝下の迫害に遭い、矢によって射られ殉教したと伝えられる。疫病に対する守護聖人。サン-セバスチャン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

セバスティアヌスの関連キーワードアントネッロ・ダ・メッシーナアントネロ・ダ・メッシナホルバインビットリアピュジェフォッパソドマ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android