コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリシン sericin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セリシン
sericin

硬蛋白質の一種で,シルクグルーともいう。カイコの繭糸の蛋白質成分の約 30%がセリシンで,70%のフィブロインの周囲に付着している。繭糸の色はセリシン中に含まれるカロテノイド系の色素による。セリシンは 10%のセリンを含んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セリシン(sericin)

絹の主成分であるフィブロインを粘着させている硬たんぱく質の一種。生糸からセリシンを除いて練りとする。絹膠(けんこう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

セリシン【sericin】

まゆ糸中の絹繊維(フィブロイン)を包む硬タンパク質。生糸はこれを含むためごわごわしているので、熱水処理して取り除き絹繊維を得る。絹膠けんこう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セリシン
せりしん
sericin

フィブロインとともに繭の繊維を構成するタンパク質。絹膠(けんこう)ともいい、硬タンパク質の一つ。クラマーE. Cramerが1865年繭の繊維から分離し、絹のラテン語sercumおよびギリシア語serikonにちなんで命名した。カイコの中部糸腺(せん)で合成される。アミノ酸組成はセリンが多いのが特徴である。熱湯に溶け、冷えるとゲル化する。繭の繊維は、2本のフィブロインが三層のセリシンに覆われてできており、繭のタンパク質成分は、70%のフィブロインと30%のセリシンとからなる。[降旗千恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセリシンの言及

【生糸】より

…また生産国により,日本糸,中国糸,韓国糸などに分類される。
[構造および性質]
 繭糸は近似三角形の断面をもつ2本のフィブロイン繊維をセリシンが被覆する形状をなす。繭糸の主成分はセリシン(20~30%),フィブロイン(70~80%)でほぼ95%以上を占め,ほかに蠟,炭水化物などの二次成分を含む。…

【絹糸腺】より

…腺は前・中・後の3部に区分され,前部糸腺の先端は合一して,下唇先端にある吐糸口につながる。絹糸を構成するタンパク質であるフィブロインは後部糸腺で分泌されて中部糸腺で蓄積され,その外側を覆うセリシンは中部糸腺で合成・分泌される。これらのタンパク質はゲル状の液状絹として腺内に蓄えられ,分子摩擦の一種であるずり応力と延伸の際の張力によって吐糸口で固体化して絹糸となる。…

【製糸】より

…(4)煮繭 繭は繭糸相互が膠着(こうちやく)して繭層を構成している。煮繭は繭糸相互を膠着する役割をしているセリシンを熱水,蒸気あるいは化学薬剤などにより,膨潤・軟和させ,繭を繰糸する際,膠着抵抗により繭糸が切断したり,もつれたまま繰られて,生糸にふしが生じないためにする処理をいう。繭層セリシンを膨潤・軟和するには,まず繭層を湿潤させ,次いで膨潤させる。…

※「セリシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セリシンの関連キーワードちりめん(縮緬)練り減り・練減り硬タンパク質ラウジネス錦紗縮緬本練り糸絹織物半練り本練り絹糸腺熱水御召紡績繰糸練糸煮繭練色製糸

セリシンの関連情報