コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルゲーエフ セルゲーエフSergeev, Konstantin Mikhailovich

3件 の用語解説(セルゲーエフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルゲーエフ
セルゲーエフ
Sergeev, Konstantin Mikhailovich

[生]1910.3.5. サンクトペテルブルグ
[没]1992.4.1. サンクトペテルブルグ
ロシアの舞踊家,振付家。レニングラード帝室舞踊学校を経て,1930年『赤いけし』でデビュー。『白鳥の湖』で一躍有名になり,ガリーナ・S.ウラノワパートナーを務めた。『バフチサライの泉』『ロミオとジュリエット』『タラス・ブーリバ』『ガヤーヌ』『シンデレラ』『青銅の騎士』などロシア革命後の代表作に出演するかたわら,振付家としてマリウス・プティパの作品『ライモンダ』(1948),『白鳥の湖』(1950)の改訂版をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

セルゲーエフ
セルゲーエフ
Sergeev, Nikolai Grigor'evich

[生]1876.9.30. ペテルブルグ
[没]1951.6.23. ニース
ロシアの舞踊家。ペテルブルグの帝室舞踊学校を修了後,芸術監督になったが,キーロフ・バレエ団に破壊的な影響を与えたとして革命のとき追放され,ロシア・バレエ史のうえで黙殺された。亡命の際,M.ペチパの作品の V.ステパノフによる舞踊譜を持参,それをもとにイギリスフランスで『眠れる森の美女』 (1921) ,『白鳥の湖』 (34) ,『ジゼル』 (35) などを全幕上演した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルゲーエフ
せるげーえふ
Константин Михайлович Сергеев Konstantin Mihaylovich Sergeev
(1910―1992)

ロシアのバレエ・ダンサー、振付者。ペテルブルグに生まれる。革命後のソ連時代のロシア・バレエを代表するダンサーで、キーロフ劇場(レニングラード・バレエ団)の叙情的な伝統様式を受け継ぎ、おもに妻ドジンスカヤをパートナーとして踊った。ウラーノワと踊った「ロメオ」は当り役といわれ、振付師として『ライモンダ』の改訂版や新作『シンデレラ』『ハムレット』を上演している。人民芸術家の称号をもつ。なお、同姓のニコライ・セルゲーエフНиколай Сергеев/Nikolay Sergeev(1876―1951)は、革命時亡命し、『白鳥の湖』の舞踊譜をヨーロッパにもたらし、イギリスのバレエ界に貢献した。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セルゲーエフの関連キーワード新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件南極

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セルゲーエフの関連情報