コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルライト セルライト cellulite

翻訳|cellulite

2件 の用語解説(セルライトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セルライト(cellulite)

《Cellule(細胞)+-ite(鉱石の意を表す接尾辞)から》皮下の脂肪細胞同士が付着、また、脂肪細胞に老廃物が付着して固まったもの。大きくなると皮膚の表面がでこぼこになる。太もも・尻・下腹部にできやすい。血行不良になり、冷えやむくみの原因になる。思春期以降の女性に生じることが多く、減食や運動では取れにくい。→オレンジピールスキン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルライト
せるらいと
cellulite

皮膚の真皮下層にある脂肪細胞が変性して互いに接着し、あるいは水分や老廃物が接着、増大して塊となり、皮下組織に凹凸を形成する状態。おもに臀部(でんぶ)や大腿(だいたい)部および下腹部に不均一に形成され、思春期以降の成人女性に多くみられる。肥大化すると、皮膚表面に凹凸としてみえるその外見がオレンジをむいた皮のようであることから、オレンジピールスキンの別名もある。脂肪細胞が多量に蓄積する場合や血行不良、あるいは代謝機能低下などが原因となり、加齢に伴い脂肪組織を保持できずにたるみを生じるとする説や、ホルモンバランスのくずれも原因の一つにあげられている。ほかの原因として、リンパ液やコラーゲンの貯留とする説もあるが、医学的には現在のところ通常の皮下脂肪と区別するものはないと考えられている。セルライト形成の結果として周囲の血管やリンパ管の圧迫による末梢(まっしょう)循環の悪化から血行やリンパの流れが不良となり、むくみなどを伴ってさらに増大する。
 症状を改善するには、積極的に運動するよう心がけるほか、カロリー摂取を抑えて代謝が向上する食事をとるなど皮下脂肪を減らすダイエットや、リンパマッサージなどを試みる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セルライトの関連キーワード原核細胞鉱石検波器鉱石ラジオ鉱石落し鉱石法細胞系体細胞雑種胚細胞卵母細胞Ite,missa est

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セルライトの関連情報