コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロジネ Coelogyne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セロジネ
Coelogyne

ラン科セロジネ (コエロギネ) 属の総称。約 140種がインド北部の高地から,東南アジア,ニューギニア,フィジーにいたる広い地域に分布する。樹上または岩上に着生。偽鱗茎から幅広い葉と花茎を頂生する。花茎には1個から多数の花をつけ,多くはしなるように下垂する。白色,緑色,褐色など,花色に派手さはないが,落ち着いた美しさがある。風通しのよい半日陰を好む。素焼鉢や木枠のバスケットにミズゴケで植付け,吊下げて管理する。春から秋の生育期間中は,水を十分に与える。冬は水を控え目にして 10℃以上に保つのがよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

セロジネ

主として熱帯アジアに分布するラン科の一属で,約120種ある。日本ではヒマラヤマレーシアに原産する30種ほどが導入・栽培されている。偽球茎に常緑革質の葉を1〜2枚頂生し,同様に頂生する花茎に1花,あるいは多数花を総状につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セロジネ【Coelogyne】

セロジネ属Coelogyneに属する常緑のラン。インド・ヒマラヤ域から東南アジア,さらにオセアニアにかけて約120種が分布し,樹木に着生,もしくは半着生している。日本にはヒマラヤやマレーシア地域原産のものが30種あまり導入され,温室で栽培されている。茎に偽球(バルブ)をつけ,その頂部に常緑の革質葉を1~2枚つける。バルブの頂部あるいは基部から出る花茎に総状に,数花から多数の花(ときに1~2花)をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

セロジネ【Coelogyne】

ラン科セロジネ属の植物。主に熱帯アジアに約150種が分布。セロジネクリスタータは代表種で、球形の仮球茎に二枚の葉をつけ、1~4月、径8、9センチメートルの白色の花を五~九個総状に開く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

セロジネの関連キーワード江尻光一球形

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android