コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センダイムシクイ センダイムシクイ Phylloscopus coronatus; eastern crowned leaf warbler

2件 の用語解説(センダイムシクイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センダイムシクイ
センダイムシクイ
Phylloscopus coronatus; eastern crowned leaf warbler

スズメ目ムシクイ科。全長 12.5cm。背面は暗黄緑色で,黄白色の眉斑と淡色の頭央線とがある。下面はくすんだ白色。山地の落葉広葉樹林雑木林にすみ,「ちいちびびー」と聞こえる声でさえずる(→さえずり)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センダイムシクイ
せんだいむしくい / 仙台虫喰
crowned willow warbler
[学]Phylloscopus occipitalis

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の鳥。全長約12センチメートル。上面は暗緑色で下面は白く、白い眉斑(びはん)が目だち、頭部中央の淡色の線が特徴である。アフガニスタンから日本まで広く繁殖分布し、落葉広葉樹林にすみ、チヨチヨビーと盛んにさえずる。冬はインドから大スンダ列島にまで南下する。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

センダイムシクイの関連キーワードアメリカムシクイ小椋鳥山椒喰紅雀米食鳥虫食い目細虫食すずめやサンショウクイ(山椒喰)ムシクイ(虫喰)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

センダイムシクイの関連情報