コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントパトリック大聖堂 セントパトリックダイセイドウ

2件 の用語解説(セントパトリック大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セントパトリック‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【セントパトリック大聖堂】

St. Patrick's Cathedral
アイルランドの首都ダブリン中心部にある、同国最大の大聖堂。5世紀半ば、アイルランド守護聖人の聖パトリックキリスト教への改宗者に洗礼を行ったという泉に起源する。12世紀末に石造の大聖堂が建造され、13世紀半ばに現在見られるゴシック様式の建物になった。14世紀から16世紀にかけて同国初の大学が置かれた。18世紀に「ガリバー旅行記」の作者ジョナサン=スウィフト大司教を務めたことでも知られ、彼の墓がある。
英国、北アイルランド東部の町アーマーにあるアイルランド国教会の大聖堂。聖パトリックがケルト人にキリスト教を布教するための拠点として、5世紀半ばに創設した教会に起源する。13世紀に現在見られるゴシック様式の建物が建造された。
英国、北アイルランド東部の町アーマーにあるローマカトリックの大聖堂。19世紀半ばに建造が始まったが、ジャガイモ飢饉(ききん)により作業が遅れ、20世紀初頭に完成。ケルト由来の内部装飾が施されていることで知られる。
オーストラリア、ビクトリア州の州都メルボルンの中心街にあるローマカトリックの大聖堂。ゴールドラッシュ期に建設が始まり、80年以上もの歳月をかけて1939年に完成。奥行90メートル以上のネオゴシック様式の建造物であり、同国最大のカトリック教会として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

セントパトリックだいせいどう【セントパトリック大聖堂】

オーストラリア第2の都市メルボルンにある同国最大級のカトリック教会。1863年から80年もの歳月を費やして建てられた。高さ105.8mの尖塔をもつゴシック様式の荘厳な聖堂で、とりわけ、内部のステンドグラスパイプオルガンなどは必見といわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントパトリック大聖堂の関連キーワードセントヘレナST マークSTマーク聖パトリック・デーST上昇cathédraleständischer PatrimonialismusS.S.Kresge Co.śiṣṭācāraNotre-Dame de Paris,Cathédrale

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone