コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼメリング鉄道 ゼメリングテツドウ

デジタル大辞泉の解説

ゼメリング‐てつどう〔‐テツダウ〕【ゼメリング鉄道】

Semmering Railwayウィーンの南西約80キロメートルにあるゼメリング峠を走る山岳鉄道。ウィーンとトリエステを結ぶもので、ゼメリング峠は標高約1000メートルのアルプス越えの難所。19世紀半ばに、16のトンネルと16の高架橋が建設され、さまざな技術を用いて急勾配の山腹をたどる鉄道が開通した。1998年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゼメリング鉄道【ゼメリングてつどう】

オーストリアの東部にあるアルプス越えの鉄道。アルプス越えの難所であるミュルツツーシュラークとグログニッツ間の鉄道で,急勾配を克服した軌道上には16のトンネル,16の高架橋,11の鉄橋,100を超える石橋が自然と調和させて建設され,着工から6年で開通した。ゼメリング鉄道を含む路線は首都のウィーンと内外の主要都市を結ぶ重要な路線で,開通から150年以上が経過しているが今も現役で多くの旅客を運んでいる。1998年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

ゼメリングてつどう【ゼメリング鉄道】

1998年に登録されたオーストリアの世界遺産(文化遺産)。首都ウィーンの南西に位置する初めてアルプス山脈を越えた山岳鉄道で、この鉄道全体が世界遺産に登録されている。全長約42kmで、グロッグニッツ駅からゼメリング駅を経由してミュルツツーシュラーク駅に至る。ウィーンとオーストリア南部の都市を結び、さらにはイタリアのベネチア、スロベニアの首都リュブリャナ、クロアチアの首都ザグレブに至る鉄道路を形成していることから、今日においてもオーストリアの重要な幹線の一つになっている。この鉄道が建設されたのは1848年から1854年にかけてで、標高差460mにもなる急峻な地形に鉄道を敷くため、設計者のカール・リッター・フォン・ゲーガは最新の技術を用いて、急勾配やカーブを克服したといわれる。開業から150年以上が経過した今も営業している。◇英名はSemmering Railway

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

ゼメリング鉄道の関連キーワードゼメリング鉄道ケーブルカー電車とバスの博物館ユニオン・パシフィック鉄道中国の高速鉄道JARTSフォース鉄道橋鉄道建設運輸施設整備支援機構JRTT鉄道総合技術研究所

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android