コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼメリング鉄道 ゼメリングテツドウ

3件 の用語解説(ゼメリング鉄道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゼメリング‐てつどう〔‐テツダウ〕【ゼメリング鉄道】

Semmering Railwayウィーンの南西約80キロメートルにあるゼメリング峠を走る山岳鉄道。ウィーンとトリエステを結ぶもので、ゼメリング峠は標高約1000メートルアルプス越えの難所。19世紀半ばに、16のトンネルと16の高架橋が建設され、さまざな技術を用いて急勾配の山腹をたどる鉄道が開通した。1998年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゼメリング鉄道【ゼメリングてつどう】

オーストリアの東部にあるアルプス越えの鉄道。アルプス越えの難所であるミュルツツーシュラークとグログニッツ間の鉄道で,急勾配を克服した軌道上には16のトンネル,16の高架橋,11の鉄橋,100を超える石橋が自然と調和させて建設され,着工から6年で開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ゼメリングてつどう【ゼメリング鉄道】

1998年に登録されたオーストリアの世界遺産(文化遺産)。首都ウィーンの南西に位置する初めてアルプス山脈を越えた山岳鉄道で、この鉄道全体が世界遺産に登録されている。全長約42kmで、グロッグニッツ駅からゼメリング駅を経由してミュルツツーシュラーク駅に至る。ウィーンとオーストリア南部の都市を結び、さらにはイタリアベネチアスロベニアの首都リュブリャナクロアチアの首都ザグレブに至る鉄道路を形成していることから、今日においてもオーストリアの重要な幹線の一つになっている。この鉄道が建設されたのは1848年から1854年にかけてで、標高差460mにもなる急峻な地形に鉄道を敷くため、設計者のカール・リッター・フォン・ゲーガは最新の技術を用いて、急勾配やカーブを克服したといわれる。開業から150年以上が経過した今も営業している。◇英名はSemmering Railway

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼメリング鉄道の関連キーワードオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国ルストマッコーリー島オーストラリアのゴンドワナ雨林オーストラリアの哺乳類化石地域〈リヴァーズレー/ナラコーテ〉ジェノヴァ:レ-ストラーデ-ヌオーヴェとパラッツィ-デイ-ロッリ制度シドニー-オペラハウス西オーストラリアのシャーク湾ハード島とマクドナルド諸島

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone