コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼラニウム油 ゼラニウムゆgeranium oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼラニウム油
ゼラニウムゆ
geranium oil

ゼラニウムの枝葉の蒸留によって得られる精油。主生産地はアフリカ北部,レユニオン島主成分シトロネロールゲラニオール。ばらの花香をつくる主成分であるロディノール rhodinolは,これの分別蒸留によってつくられる。化粧品,石鹸香料などに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ゼラニウム油

 フウロウソウ科の植物の葉および茎から水蒸気蒸留によって調製される芳香のある精油.着香剤として使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼラニウム油
ぜらにうむゆ
geranium oil

北アフリカ、フランス領レユニオン島、南アフリカマダガスカルスペイン、フランス、イタリアなど、および日本で栽培されるフウロソウ科ニオイテンジクアオイ(大葉ゼラニウム)の葉、小枝を水蒸気蒸留すると収油率0.15~0.3%で得られる精油。ゲラニウム油ともいう。各地で生産される精油は、その植物起源が明確でないものが多いので、産地によってその性状がいくぶん異なっている。ゼラニウム油の成分はゲラニオール、シトロネロール、ロジノールなどが60~70%含有されており、これらのギ酸エステルも存在している。ローズ油に似た特有の香気を有し、高級調合香料として重要である。一般香粧品、せっけん香料、ロジノールの製造原料として用いられている。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゼラニウム油の言及

【ゼラニウム】より

…フウロソウ科の多年草(イラスト)。和名はテンジクアオイ。現在はテンジクアオイ属Pelargoniumとして分類されているが,園芸的には旧属名ゲラニウムGeraniumをそのまま使用している。一般にゼラニウムと呼ばれているものは,南アフリカ原産のモンテンジクアオイP.zonale L.を中心にP.inquinans Ait.などを交配して改良したもので,多くの系統,品種がある。草本質の半低木状となる耐寒性のない多年草で,浅い欠刻のある円状心臓形~腎臓形の葉をつけ,モンテンジクアオイの系統が強く出たものは,葉に褐色輪紋を現すことが多い。…

※「ゼラニウム油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼラニウム油の関連情報