ゼリービーンズ(英語表記)jellybeans

大辞林 第三版の解説

ゼリービーンズ【jelly beans】

豆の形にしたゼリーに砂糖をかぶせた菓子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼリービーンズ
ぜりーびーんず
jelly beans

キャンディーに属する掛け物菓子の一種。ゼリーを中心にして、外側に糖蜜(とうみつ)と粉砂糖をかけて豆の形につくる。表面は固いが、中心はゼリーのため柔らかい。色とりどりに彩色したものが多い。デンプン、砂糖をゼリーの原料にするが、寒天を使うこともある。まずこれらの材料で柔らかいデンプンゼリーをつくり、これを直径0.5センチメートル、長さ2.5センチメートルぐらいに形どり、コーンスターチの中に入れ、ゼリーの水分が8%以下になるまで60℃で1~2日間乾燥する。乾燥したゼリーを回転釜(がま)に入れ、ゼリーを中心にして着色した粘度の高いシロップと粉砂糖をふりかけ、一粒一粒の全表面に塗布する。これを何回か繰り返し、一定の大きさになったら、蜜蝋(みつろう)などでつや出しを行う。[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android