コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソデグロヅル ソデグロヅル Grus leucogeranus; Siberian crane

2件 の用語解説(ソデグロヅルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソデグロヅル
ソデグロヅル
Grus leucogeranus; Siberian crane

ツル目ツル科。全長 125~137cm。羽色は全体に白色で,初列風切と初列雨覆,小翼羽のみ黒く,をたたんでいるときは真っ白に見える。成鳥の顔の前部は赤い皮膚が裸出する。脚は肉色。繁殖地はシベリア北部の東西に分かれ,西はオビ川下流域,東はサハ共和国ヤナ川アラゼヤ川の下流の間である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソデグロヅル
そでぐろづる / 袖黒鶴
Siberian white crane
[学]Grus leucogeranus

鳥綱ツル目ツル科の鳥。希少なツル類の一つ。野生のソデグロヅルの個体数は、世界で約3000羽(2006年現在)と推定されている。全長約140センチメートル。全身白色で、初列風切(かざきり)と初列雨覆(あまおおい)だけ黒く、額、頭上、顔の前半部は赤い皮膚が裸出する。シベリア北西部のオビ川下流域と北東部のインジギルカ川下流域で繁殖し、冬期はカスピ海沿岸、インド北部、中国などで越冬する。日本には迷鳥としてごくまれに渡来する。この種の巣は、1960年に初めてツンドラの湿地で発見された。食物はおもに植物質で、とくに水草の根、茎を好むが、夏期にはレミングやネズミもかなり食べるといわれる。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のソデグロヅルの言及

【ツル(鶴)】より

…熱帯や南半球のものは留鳥だが,北半球の高緯度地方で繁殖する種は,冬季南へ渡って越冬する。日本では,タンチョウ(イラスト)が北海道に留鳥としてすみ,マナヅル(イラスト),ナベヅル(イラスト),クロヅル,カナダヅル(イラスト),アネハヅル,ソデグロヅルの6種が冬鳥または迷鳥として渡来している。 全長70~150cm。…

※「ソデグロヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソデグロヅルの関連キーワード鶴田丹頂蔓性つるっ禿蔓立ち鶴擬つるたつるぬまツル(鶴)ツルモドキ(擬鶴)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソデグロヅルの関連情報