コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソローキン ソローキン Sorokin, Pitirim Aleksandrovich

4件 の用語解説(ソローキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソローキン
ソローキン
Sorokin, Pitirim Aleksandrovich

[生]1889.1.21. コミ
[没]1968.2.10. マサチューセッツウィンチェスター
ロシア生れのアメリカの社会学者。ペテルブルグ大学卒業後,母校で教鞭をとる。 1918年国会議員としてケレンスキー派に加担し,そのためロシア革命後死刑の宣告を受けたが,助命運動で国外追放となり,23年アメリカに亡命。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソローキン【Pitirim Alexandrovich Sorokin】

1889‐1968
ロシア出身の社会学者。貧農の子に生まれる。ペテルブルグ大学(1917‐22),ミネソタ大学(1924‐30)の各教授を歴任後,ハーバード大学の初代社会学主任教授となる。母国でケレンスキー内閣の閣僚に就任するが,十月革命に敗れて投獄,23年には国外追放,アメリカに亡命した。その研究はまことに多産かつ多方面にわたり,社会成層と移動,革命研究,農村社会学,社会学説史,社会学一般理論などに及ぶ。今日でも,その《社会移動論》(1927),《社会・文化・パーソナリティ》(1947)の評価は高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ソローキン【Pitirim Alexandrovich Sorokin】

1889~1968) アメリカの社会学者。ロシア生まれ。ケレンスキー内閣の文相を務めたが、1923年アメリカに亡命。社会変動論・農村社会学をはじめ多方面に貢献。著「社会的・文化的動態論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソローキン
そろーきん
Pitirim Alexandrovich Sorokin
(1889―1968)

アメリカの社会学者。1月21日、ロシアのコミ州に生まれる。1914年ペテルブルグ大学を卒業、1917年同大学の最初の社会学教授になる。ケレンスキー内閣の閣僚、全ロシア農民ソビエトの委員、ロシア共和国会議ならびに憲法会議委員を務めたが、ボリシェビキに反対して1922年ソ連を去り、1923年アメリカに行き(1930年帰化)、ミネソタ大学教授を経て、1930年ハーバード大学に新設された社会学部の初代学部長になり、1959年定年退職。その間1936年に国際社会学会会長、1964年アメリカ社会学会会長になる。彼の主著は、文化と社会の変動法則を追究した『社会的・文化的動態論』全4巻(1937~1941)といえるが、そのほかにロシア革命の体験を生かして書いた『革命の社会学』(1925)や『社会移動論』(1927)がある。
 また、都市・農村社会学者としても有名で、ジンマーマンCarle Clark Zimmerman(1897―1983)との共著『都市・農村社会学原理』(1929。部分訳『都市と農村』)その他は、実証的方法を取り入れ、経験主義的社会学の確立に大きく貢献したものとして評価されている。第二次世界大戦後のソローキンは、西欧社会の没落の兆候を認め、「友情学」を提唱して、連帯と相互扶助を力説する社会哲学者になる。ほかに、『現代社会学理論』(1928)、『社会・文化・人格』(1947)、『ヒューマニティの再建』(1948)、『危機の時代の社会哲学』(1950)などの著書がある。1968年2月10日死去。[河村 望]
『北玲吉訳『ヒューマニティの再建』(1951・文芸春秋新社) ▽P・A・ソローキン、C・C・ツィンマーマン著、京野正樹訳『都市と農村』(1977・巌南堂書店) ▽P・A・ソローキン著、細川幹夫他訳『若い愛成熟した愛――比較文化的研究』(1985・広池学園出版部) ▽P・A・ソローキン著、大矢根淳訳『災害における人と社会』(1998・文化書房博文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のソローキンの言及

【階層】より

…階級に関する諸学説のうち,多元的指標を用い階級分析に対して数量的アプローチをとる人びとが,しだいに階級social classという語よりも階層social stratification(この用語はP.A.ソローキンがその著《社会移動論》(1927)で初めて使った)という語を多用するようになったことによって,階層研究と呼ばれる分野が形成されるようになった。したがって階層論は階級論の一形態であり,階級以外に特別に階層という研究対象があると考えるのは適切でない。…

【農村】より

…農業には比較的広い土地が必要なことから,散在する農場や農家の構成する小集落の形をなすことが多い。一般に地域社会は都市と農村という二つの類型に分けられるが,農村の特質を示すものとしての両者を区分する基準については,ソローキンが職業,環境,地域社会の規模,人口密度,人口の異質性,階層分化,人口移動,相互作用の型という8指標をあげたのをはじめ,多くの考え方が示されてきた。日本の場合,かつては市制施行地域が都市に,その他の郡部が農村に相当するとされていたが,今日では市制施行にあたって周辺の農村部までを含めて市域を設定することが多くなり,行政区域に基づいて都市と農村を区別することはできなくなった。…

※「ソローキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソローキンの関連キーワードエルマンギュルビッチバーガー青井和夫赤神良譲河村望武田良三円谷弘森岡清美開沼博

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソローキンの関連情報