コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンムの戦い ソンムのたたかいBattle of the Somme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンムの戦い
ソンムのたたかい
Battle of the Somme

第1次世界大戦中,フランスのソンムで連合軍とドイツ軍との間で2次にわたって行われた激戦。 (1) 第1次  1916年7~11月。7月1日イギリス歩兵が突撃し,イギリス軍の歴史上最高に上る1日1万 9000人の戦死者と4万 1000人の負傷者を出した。 13日にイギリス騎兵部隊がヨーロッパ戦史上最後の大規模な騎兵突撃を行なったが,機関銃火の前に大損害をこうむった。9月 15日にイギリス軍が世界で初めて戦車を投入したが,ドイツ軍戦線の突破にまた失敗。約5ヵ月間の戦闘で連合軍は,イギリス軍 42万人,フランス軍 19万 5000人の死傷者を出し,約 10kmしか前進できなかった。ドイツ軍の死傷者は 65万人であった。 (2) 第2次 サンカンタンの戦いとも呼ばれる。 18年3月 21日ドイツ軍が大攻勢に出て,連合軍戦線の突破に成功し,たちまちソンム川を渡った。連合軍は危機に陥り,4月3日に F.フォッシュが,新設された在フランス連合軍総司令官に任命された。5日までにドイツ軍は最深部で約 65kmに達する突出部をつくっていたが阻止され,攻勢を中止した。この戦いで,イギリス軍が 16万 3000人,フランス軍が7万 7000人を捕虜,あるいは死傷者として失い (うち捕虜は両軍合せて7万人) ,ドイツ軍の死傷者は 24万人を数えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソンムの戦い
そんむのたたかい

第一次世界大戦の一戦闘。1914年9月のマルヌの戦いののち膠着(こうちゃく)状態にあった西部戦線において、フランス北西部ソンムSomme川近辺でフランス・イギリス軍が攻勢に出た戦い(1916.6~11)。フランス・イギリス軍の戦勝は得られなかったが、2月に開始されていたドイツのベルダン要塞(ようさい)攻略の気勢をそぐ効果を果たした。この戦いでは、毒ガス、飛行船、爆撃機など当時出現の新兵器と並んで、イギリス軍による戦車の初使用が注目を浴びた。[柳田陽子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソンムの戦いの関連キーワードヘイグ(Douglas Haig 1st Earl Haig)シーガー(Alan Seeger)第一次世界大戦史(年表)アラン シーガー第1次世界大戦ベルダンの戦い戦車[現代]マークI戦車D. ヘイグジョッフルソンム県西部戦線

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android